実験や高大連携事業後のレポートや「課題研究」は負担になりませんか?

実験後のレポートは行ったことの意味を確認するために必ず必要です。

ただし,それほど負担になるほど多く書く必要はありません。

簡潔にわかったことをかけばいいので,慣れれば短時間でできます。

また,「課題研究」はテーマを考えたり,実際の実験をするのに最初は

とまどうかもしれませんが,だんだん慣れると楽しくなるものです。

実際に高校卒業前のアンケートでは毎年,苦労したものの1番が「課題研究」ですが,

よかったものの1番も「課題研究」です。


 以前は放課後も何度か実験をやらなければ終わらないこともありましたが,

今年度からは「科学探究」の時間と総合的な学習の時間の合計週3時間を

4月から主に「課題研究」に費やすようにしましたので,必ず2年生の3月には終了できます。

3年生まで「課題研究」をして受験勉強に差し支えるということはありません。