第19回徳島県高等学校小倉百人一首かるた選手権大会(2024年6月9日)

 6月9日(日)城東高校の柔道場で選手権大会(団体戦)が行われました。城南高校は抽選の結果、予選はBリーグで、初戦は徳島北高校と対戦し、7将の松本が全体を引っ張っていき、流れを作りました。6将の樋口は主将相手に引けを取らず善戦しました。この勢いのまま中盤も流れを逃さず押し切り5-0で勝利することができました。

 2回戦は城北高校と対戦しました。主将の石川は序盤から押し切り10枚差で勝ちましたが、3将の後藤田、4将の林は相手のペースを崩せず、それぞれ20枚差、14枚差で城北高校が2勝をあげました。後2勝が必要なところで副将の河野、5将の竹原にゆだねられました。相手陣を抜くよい取りもありましたが、あと一歩及ばずそれぞれ5枚差、4枚差で城北高校が2勝をあげ、1―4で城北高校の勝利となりました。

 結果、予選Bリーグを2位通過し、準決勝の相手は城東高校となりました。試合は接戦となり、残りの枚数が後半に差し掛かる22枚の時点で竹原、河野、石川、後藤田、林の順に10―12、11―11、15―7、14―8、12―10(左が城南高校)であり、どちらが勝ってもおかしくない状況でした。まず流れをつかんだのは5将の竹原です。得意の攻めで敵陣をどんどん抜いていく。流れを渡さず9枚差で貴重な1勝をとりました。しかし、3将の後藤田、4将の林は離されないように粘りましたが、それぞれ10枚差、8枚差で城東高校が2勝をとりました。主将の石川は劣勢が続いていましたが、中盤から猛追し、3-3で追いつき、副将の河野は終始接した展開となり、それぞれ運命戦になりました。結果、3―2で城東高校の勝利となりました。

 3位決定戦は城ノ内中等教育学校となりました。残りの枚数が後半に差し掛かる25枚の時点で後藤田、石川、林、河野、竹原の順に10―15、19―6、9―16、19―6、16―9(左が城南高校)であり、後藤田、林、竹原は苦しい展開となりました。石川、河野はペースを崩さずそれぞれ15枚差、14枚差で勝利しました。竹原は相手に押し切られ、10枚差で城ノ内中等教育学校の1勝となりました。終盤になり、後藤田が追い上げむなしく5枚差で城ノ内中等教育学校が2勝を挙げ、勝負の命運は4将の林にゆだねられました。中盤までは苦しい展開でしたが、じわじわと枚数差をつめていき4-4で追いつき勢いそのままに3枚差で勝利し、城南高校を勝利に導きました。

 結果、城南高校は第3位という成果を挙げました。来年はさらに記録を伸ばせるよう日々研鑽に努めてほしいと思います。