徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> 科学部 

科学部

 科学部は、物理・化学・生物・地学に興味のある人を対象に活動します。実験や観察に興味のある人、一緒に活動しましょう。活動場所はそれぞれの教室です。

部活動紹介の様子

部活動紹介の様子1部活動紹介の様子2
 

活動の様子

科学部 >> 記事詳細

2017/02/17

城南科学部,再び天体の名付け親に!

| by:部活動顧問
 2015年に国際天文学連合(IAU)は、公募による太陽系外惑星:Exoplanet(一部は主星:Host starも)の命名という史上初の試みNameExoWorlds を開催しました。本校は命名プロセスに参加し、本校が提案していた名前(主提案者:科学部3年 吉原克哉)が採択され、NameExoWorlds の命名団体として名を連ねる栄誉を得ました。
☆過去のHP記事より
 NameExoWorlds キャンペーン応募の結果
 「月刊 星ナビ」4月号への掲載
 そして昨年春に、命名団体選出記念の副賞として、発見されて小惑星番号が付与された後、まだ名前が付いていなかった小惑星への命名権が与えられました。「眉山」「吉野川」「すだち」「徳島」「城南」「阿南」などは既に小惑星名に使われていますが、何とか地元にちなんだ名前を付けたいと考え、本校のランドマークであり、校歌冒頭にも歌われる「眉山」にちなみ、“Mayuboshi”(眉星)という名前を提案(主提案者:科学部2年 市川裕一朗)し、提案理由書とともにIAUに提出しました。
 そしてこの度、IAUから小惑星(6118)1986QX3をMayuboshiと名付けるという通知をいただきました。火星-木星軌道間の小惑星帯(メインベルト)を回る"小惑星 Mayuboshi "は普通の望遠鏡では暗すぎて観測できませんが、本校科学部は恒星、太陽系外惑星に続き、小惑星の命名者になりました。
Mayuboshi小惑星 Mayuboshi の軌道 : 6118_Mayuboshi-01.jpg  allName ExoWorlds Winner Minor Planet Award All : all.jpg 

18:05