徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科・SSH> 平成27年度 

応用数理科


2015/12/28

高校・高専「気象観測機器コンテスト」 最終審査の結果

| by:SSH-M
行事名 「第4回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』」
場  所  元南極観測船SHIRASE5002(千葉県船橋港)
参加者 応用数理科2年 豊田 三木
日  時 平成27年12月20日(日)
     10時00分:開場ならびにセッション開始。
     12時30分~14時00分(昼食ならびに船内の見学)  
     14時00分~15時00分:セッションの実施  
            ~16時00分:表彰式の実施  
     16時00分頃:閉会  
  応用数理科2年生は全員が課題研究に取り組んでおります。そのうち気象に関する研究を行っていた2名は、財団法人WNI気象文化創造センター主催の「第4回高校・高専『気象観測機器コンテスト』」にエントリーしておりました。そして11月の事前審査の結果、千葉県船橋市の港に係留されている元南極観測船「しらせ」内部のオーロラドーム(元のヘリコプター格納庫)で行われる最終審査(ポスターと実機によるプレゼン審査)に行くことになり、「テザードローンによる空中電位測定」という発表テーマで参加しました。
 この日はウェザーニューズ社の「チャレンジングSHIRASE2015」というイベントも行われており、大学・企業など様々な専門家の方のみならず、一般の観覧客も訪れており、専門的な質問から子供達の素朴な質問まで様々な問いが寄せられ、貴重な経験をすることができました。
 まだ中間発表的な内容でしたが、ご来場の皆様から支持を集めることができ、「観客賞」を獲得することができました。参加生徒も、いただいたアドバイスを生かし、今後さらにデータを集めて研究を完成させたいと意欲を見せていました。
気象観測機器コンテスト気象観測機器コンテスト
気象観測機器コンテスト気象観測機器コンテスト
羽田空港にて帰路は、SSH冬の情報交換会(法政大学市ヶ谷キャンパス)に参加されていた岩代校長先生と同じ便でした。 

15:21 | 2年生