徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成18年度> 講演会等 

徳島城南塾

 応用数理科1年生、2・3年生SSHクラス生、希望者を対象として、地元の研究家や本校卒業生を講師として徳島城南塾を実施しました。

 

講演会等

講演会等 >> 記事詳細

2006/11/20

第3回 「垣塚彰先生」

| by:Web担当者

第3回 「垣塚彰先生」

 11月20日に、京都大学大学院生命科学研究科の垣塚彰先生による「ガンってどういうもの?」をテーマに、講演がおこなわれました。先生は昭和52年に本校を卒業され、金沢大学医学部、京都大学大学院医学科博士課程を卒業されました。その後京都大学や米国ソーク生物学研究所などで研究をされました。
 講演の冒頭で、普通のマウスと太ったマウスで糖尿病の危険性が異なると予想され、運動させることによって危険度は変化するかを明らかにする実験をビデオで紹介された。電気刺激により強制的に走らされるのですが、太ったマウスは何と、電気刺激があってもやがて走らなくなってしまった、という面白い結果でした。これにより、実験のおもしろさが理解できると同時に、先生のお話に吸い込まれました。また、ガン研究の歴史をたどって話されましたが、「あなたならこのときどんな実験をしますか」、と常に質問が繰り出され、ぼうっとしている生徒は皆無、全員必死でお話を聞き、また考えました。そしてガンができるしくみや遺伝子とガンの関係などたくさんの知識を得ることができました。最後に先生からみなさんへのメッセージで「私はできるのに努力をしない人はゆるせない、悔いのないよう最大限の努力をしてください、そして私を早く追い越していってください」ということが特に印象に残りました。


11:17

フォトアルバム

講演会等

「ノーベル物理学賞受賞者 小柴昌俊先生」を開きます。
10枚
「ノーベル物理学賞受賞者 小柴昌俊先生」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)