徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 渦の音歴史館 

渦の音歴史館


2010/06/15

渦の音歴史館-展示詳細-(深井源治)

| by:広報
 
渦の音歴史館には、深井源治校長に関する資料が多く展示されています。
 
なかでも「校長 深井源治」 (増田清次(昭和19年卒)著 本校職員でもあったには
深井校長の人間性や、その偉業、逸話が詳しく描かれ、
非常に興味深い内容となっています。
 
ここでは、その内容を引用しながら、展示品を掲載していきます。
 
 
 
 

 

 
 
 
             深井源治(1889~1971)
 初代校長岡本斯文から現在に至る校長群像中、その強烈な個性、権力の恣意に屈せぬ硬骨度、
深い学識と卓抜な行動力、それらが結果した在任期間の長さなど、あらゆる点が格段に卓絶しているのが
深井源治校長であることは、衆目の一致するところであろう。
 
 
”穴熊”のいわれ

 由来、名だたる徳中悪童連の中には「必中見立て人」ともいうべき渾名命名人のグループが存在して、
新任教師の着任を手ぐすね引いて待ち構えていたものであった。先生の渾名が「穴熊」と決まったのは、
けだし先生の風貌挙措に穴熊を髣髴とさせるものがあって、穴熊以外の命名はさすがの彼らとしても
想到不可能であったからなのだろう。としか説明のしようがない。

敢えてその経緯を忖度すれば、お世辞にも通りがよいとは言いかねるボソボソした陰気な語り口、
一見した姿勢の悪さ、ますらをぶりにはほど遠いキビキビらしからぬその物腰などに、
時代の主流であった職業軍人やタカ派の教師、生徒の勇ましいえせ行動主義と相容れないものがあって、
彼らの校長に対する暗黙裡の体制派的批判と、その風采に対する揶揄の感情とを7分3分にミックスさせた
この渾名が広く口になじんだのでもあろうか。
さもあらばあれ、この「穴熊」こそやがて徳中の黄金時代を象徴するものとして、
教師、生徒の尊敬を一身に集め、「死して」後世に名を留める「大穴熊」であろうとは、
まことに誰一人として知るよしもなかったのであった。
端的に言って、満州事変以降の学校教育は武が文を、不合理が合理を加速的に圧倒、排除、抹殺するものであったが、
こうした時代精神や社会的風潮に対して可能な極限のレジスタンスを実践しようとしたのが、
深井校長の教育者としての絶対的な信条であった。
                            
敵性教科として強く否定排撃された英語学習には許容最多時間を充当したばかりでなく、
校舎、教科書をはじめ、一切の物的教育手段を焼亡した戦争の最終手段にあっても規定の学習を継続させようとした
卓抜した見識、不撓の教育的執念は、文字通り刮目に値するといえよう。
 

 
校長は高等学校から大学に進めと、ことあるごとに強調した。
自分の経験から、若い内にできるだけ学問をして、正しい判断を下せるようにしておくことが、
長い人生に於いて重要なことである。また、国のお役に立つことであると説いた。
これが、深井校長が高等学校から大学を出なければ人でないように言ったという誤解として残っている。
 
進学指導に全力をあげたといえば、現在の受験の状況を思い浮かべるが、これとはだいぶん違っていた。
自分から追い求めていく学問の尊重であって、受験技術だけのものではなかった。
 
 
まずは全国から優秀な教員を集めた。集めることが、可能であった。
第六十六回卒業記念帖(昭和十三年)より、職員写真(一段目右から4番目が深井)
 
現在の教育委員会の制度とは違って、校長はこれはと思う教師を全国から、従来よりいい給料を提示して、
新学期とは限らずいつでも招くことができた。徳島中学校には出身地が北海道から鹿児島までの先生がいた。
そのころは、教員にも軍隊への招集が何時あるかわからない時代であった。
国立の大学と言えば全国に数校しかない帝国大学の出身者を積極的に集めた。昭和17年度の教員組織では
校長・教諭32名のうち、帝国大学出身者が10名いた。
 
それ以上に教員の実力と研修を重視した。入学は難しくないが、
卒業はそう簡単ではなかった東京物理学校の出身者も望んでいたし、
文検と略称されていた文部省教員検定試験の難問を突破して、中等学校教員の免許状を獲得したのもかなりいた。
当時私たちは、教員の出身学校や、教員免許状のことは、ほとんど知らなかった。だが、今から思えば、
文検の教員は熱意にあふれていたし、帝国大学出身者は教え方は上手とは言えなかったが、
学問の世界に目を向けさせてくれた。
 

学習心得 
 
 生徒には主体性を持つ学習と努力を要求した。全生徒に「学習心得」の小冊子を渡した。
 
校長は、天才といわれる人には二通りあって、生来の才能を持つ人はごく少数であり、
ほとんどの場合は本人の努力の結果であることを、機会あるごとに説いた。
これらの説明のときも、過去の自分の経験には少しも触れなかった。
教員が不意の出張や急病で、授業がかけるときは、時間割の変更をして後の授業を繰り上げ、その組は帰宅させた。
午前中三時間だけで帰ったこともある。
生徒を信じ、またその主体性を発揮して勉強することが、学問の本来の道だとの信念があった。
 
成績の評価は厳しかった。
成績査定の職員会で、各教科の担任がいっせいに成績不良者を黒板に書き出すと、
「それ、落第、これも」
容赦はなかった。甘えや同情を求める行動は許さなかった。むしろ教科担任の方が、
あれを書いたのは厳しすぎたと思うこともあったという。
 
 
 優良な生徒を表彰した賞状
 
国鉄の乗車割引証をもらおうとして、事務室に行った笹森(現、青木)淳治氏は、写真を持ってこいとのことで、出直した。
「そんなんじゃ駄目だ」
いきなり事務員に怒鳴られた。何のことかわからず悄然としていた。たまたま校長がいた。
「君は汽車通でないから分からないよな」
写真を取り上げ寸法にあわせて、はさみで丁寧に切ってくれた。普段自分の考えている校長とは、
全く別人であるような姿に接した。感激した。
数は少なかったが、自分から進んで相談に行った者には、丁寧に応じてくれたということは、
戦後もだいぶんたってから知った。その頃は「あなぐま」につかまらぬことばかりを考えていた。
 
 

 

昭和20年春、「関東軍事件」が起きた。
戦後になって、この事件は「深井の反軍精神の証明」として語り継がれることになる。
 
当時、ソ満国境近くにいた関東軍の満州第七一二部隊が「本土防衛」を名目に「錦第二四三五部隊」と部隊名を変え、
徳島に移ってきた。部隊長は陸軍大佐多田金治。駐屯地に旧徳島中学校が選ばれた。
 
「徳島中学校・城南高校百年史」によると、この時、深井は、「生徒の授業に支障を来さないこと」を条件として、
体育館や生徒控所(講堂)、運動場などを提供した。しかし、部隊の要求が度重なると、
学校施設の貸与は県の権限で、正規の手続きなしに学校長の独断ではできないと拒否。
「部隊長には不愉快であったらしい」と事件に伏線があったことをほのめかしている。
事件とは、部隊のシンボルである軍旗にかかわるトラブル。軍旗の衛兵の宿泊所として職員研究室の一部を貸すよう求めた
多田に対し、深井が「教職員の研修の場を貸すわけにはいかぬ」と突っぱね、
起こった多田が部隊を引き連れて学校近くの潮見寺に移ったと言われている。
 


 
 
昭和二十年七月三日、徳島市内の大半が焼き尽くされた。当時の徳島中学校周辺には人家は少なく、
学校から先には被害がほとんどなかったことから、広い運動場と大きな校舎は標的にされたようだった。

当日の宿直の教諭は爆撃が迫ってくる前に重要書類を確認した。そのうちに深井校長をはじめ先生方も駆けつけた。
もはや消火活動はむりと判断され、かねて準備しておいた十六の雑嚢に分類しておいた学籍簿をそれぞれの先生方に割り当て、
安全に避難するように依頼した。校舎は全焼し、しばらくは休校の処置をとらざるをえなかった。
 
空襲の際に持ち出された重要書類(焼け焦げている)
 
 

防火壁だけを残し、消失した校舎跡に立った校長は、どんな思いであっただろう。
深く心に決するものがあったに違いない。
いわば自分のために作ってくれたような新校舎を引き継いで、九年半、現在とは比べものにならない重圧のもとで、
自分の信念を押し通し、生徒を守ってきた。その成果が現れてきたときに、戦いに利あらず、全校舎を目の前で失った無念さは、
外部からでは想像もつかないことだろう。
各方面の折衝を終えて、9月の新学期には授業の再開にこぎ着けた。
「校舎を焼いた責任をとる」辞表を提出した。誰の意見も寄せ付けなかった。
昭和二十年十月十八日、依願退職が発令された。深井校長夫妻は、静かに徳島を去った。
 

 
晩年の深井源治
 


そのほか、
1990年8月に朝日新聞(徳島版)に8回の連載で掲載された
「アナグマ物語」
の切り抜きなど展示してあります。
 「アナグマ物語」切り抜き(1990年8月朝日新聞(徳島版))
 
 

15:36 | 投票する | 投票数(4)