徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> 科学部 

科学部

 科学部は、物理・化学・生物・地学に興味のある人を対象に活動します。実験や観察に興味のある人、一緒に活動しましょう。活動場所はそれぞれの教室です。

部活動紹介の様子

部活動紹介の様子1部活動紹介の様子2
 

活動の様子

科学部 >> 記事詳細

2018/06/18

H30第3回科学部野外巡検

| by:広報
 6月16日(土)、2年生3名と教員1名で化石の採集に行きました。場所は香川県高松市にある三豊(みとよ)層の露頭です。この産地には200万年前の新生代の化石があります。過去にはヒメバラモミの実やゴキブリの羽根などが見つかっています。実は、昨年のSSH野外活動はここで行われる予定でした。ところが、台風による大雨で増水したため、活動は中止になってしまいました。2年生にとって初訪問になります。
 期待を込めて川原へ降りて行きました。すっかり干上がった川岸に黒っぽい地層が露出しています。その粘土のような土を掘り取って、明るいところで観察しました。黒い木片のようなものが含まれていました。それらは「材化石」といって樹木の化石です。表皮や枝のような細いもの、根のようなものもありました。しかし、第一目標は果実の化石です。1時間くらい粘りましたが見つかりませんでした。
 しばらく途方に暮れていると、野外活動のときいつもお世話になっている講師の方が、ちょうど産地の下見に来られました。早速お願いしてレクチャーして頂きました。すると、そのとき取り上げた粘土の中にヒメバラモミの実が入っていました。平たく潰れた黒い実に鱗片のような構造が見られ、間違いなくそれです。こうして何とか1個だけ入手できました。ありがとうございました。
 挨拶して分かれた後、まんのう町の亜炭の産地と木戸の馬蹄石を見に行きました。特に後者では、川の中に突き出ている岩に馬蹄(ばてい=馬のひづめ)のごとく化石が群集していました。ふと足下を見ればそこにも牡蠣(カキ)の化石がありました。なお、ここは採集禁止です。
 こうして昨年からの希望を叶えることができ、満足できて終わりました。今後もこのような活動を続けたいです。なお、中段の右が「ヒメバラモミの実」です。
 
   
   
   

12:39