徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成19年度> 科学部 

科学部

科学部の活動 >> 記事詳細

2008/01/26

JAXA(宇宙航空研究開発機構)タウンミーティング in 阿南

| by:Web担当者

四国で学ぶ!天文講座 第4回「宇宙暗黒物質を探る最先端の実験」

開催日時 2008年1月26日
会場 阿南市科学センター

 JAXAのタウンミーティングが四国で初めて阿南市科学センターで開催され、県内外から宇宙に関心のある人々がたくさん集まり、本校科学部も参加しました。実施形式は、矢代清高広報部長(ちなみにアメリカNASA研修でJAXA現地交流研修会への講師派遣依頼承諾書は矢代部長様のお名前でいただいていましたので、お礼を申し上げました)によるJAXAの概要説明の後、二人の講師の講演とそれに関する質疑およびJAXAの取り組みに関する議論の時間を設けるというものでした。本校科学部員も積極的に議論に参加していました。

テーマ1:日本の宇宙開発の将来展望~世界の中の日本~
講師 間宮馨先生(JAXA副理事長)
内容 世界の宇宙開発の歴史と現在の状況。宇宙開発における日本の地位。宇宙開発での日米欧の比較。JAXAとは。日本の有人宇宙技術開発。宇宙技術での国際貢献。今後の宇宙開発の展望。世界と日本の宇宙政策の比較。JAXA長期ビジョンについて。
テーマ2:宇宙からさぐる宇宙
講師 阪本成一先生(JAXA宇宙科学研究本部教授)
内容 赤外線やX線天文衛星による宇宙での天体観測や太陽観測衛星など,なぜ科学衛星による宇宙での観測が必要なのか。観測から何がわかるのか。科学衛星がとらえた最新の宇宙像。小惑星探査機「はやぶさ」について。月周回衛星「かぐや」について。

 日本の宇宙開発の中核を担うJAXAの職員に直接質問や要望を伝えることができる貴重な機会であり、参加生徒にとって大変良い経験でした。ますます宇宙が身近に感じられました。なお阪本先生は昨年度まで国立天文台に勤務され、南米チリにてALMA計画に直接関わっていたそうです。国立天文台ALMA広報ビデオにも出演されていました。現在は、TBS系BS放送のBS-iの科学番組「2008年宇宙の旅」にご出演中です。

BS-i「2008年宇宙の旅」 http://www.bs-i.co.jp/app/program_details/index/KDT0800100


08:52

フォトアルバム

科学部
123

国立天文台第19回ALMA公開講演会を開きます。
2枚
国立天文台第19回ALMA公開講演会

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
秋の天体観望会についてを開きます。
6枚
秋の天体観望会について

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
サイエンス・オン・ステージを開きます。
7枚
サイエンス・オン・ステージ

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
四国で学ぶ!天文講座 第3回「ロケットで探る身近な宇宙」を開きます。
7枚
四国で学ぶ!天文講座 第3回「ロケットで探る身近な宇宙」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
独立行政法人科学技術振興機構(JST)イノベーションサテライト徳島を開きます。
4枚
独立行政法人科学技術振興機構(JST)イノベーションサテライト徳島

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
123