徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科・SSH> 平成27年度 

応用数理科


2015/06/21

107HR高大連携講座(香川大学・笠先生)

| by:SSH-M
 応用数理科1年生は、6月19日(金)午後、香川大学教育学部の笠先生をお招きして、課題研究に関する高大連携授業を行いました。内容は「課題研究・探究活動とはどんなものか」「データの信頼性と妥当性」「変数とは何か」という3項目でした。講義と質問、配布されたワークシートを用いたアクティビティを通して、課題研究の基本的な内容、目的、テーマ設定の基礎となる内容などを学びました。なお笠先生の講義の続きは秋にも予定されております。応用数理科1年生は、笠先生に教わったことなどを参考に、今年度中には各自で課題研究のテーマや目的などを決定し、3学期~2年次にかけて課題研究に取り組んでいくことになります。
高大連携高大連携
高大連携高大連携
高大連携高大連携

15:57 | 1年生