徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成22年度> SSH1年生 

SSH1年生

活動の様子など >> 記事詳細

2010/05/12

徳島県立博物館現地研修

| by:SSH-M
 応用数理科では1年次に「基礎実験」という設定科目があり、物化生地全科目の実験実習の基礎を学びます。5月12日(水)の基礎実験では、本校の近くにある徳島県立博物館で現地研修を行いました。
 今回の研修の舞台は企画展「ヒマラヤ~自然と人びとのくらし~」です。ヒマラヤについて、地質学・古生物学や生物学・生態学といった自然科学だけでなく、人文・社会科学の分野からもアプローチする、まさに総合科学的な展示内容となっています。
 今回の研修では、企画展主担当の茨木靖先生と地学担当学芸員の辻野泰之先生のお二人からお話を伺い、質疑応答にお答えいただきました。辻野先生からはヒマラヤの成因や地質学的特徴など地質学・古生物学に関する内容を、茨木先生からはヒマラヤに暮らす人びとについて地理学・民俗学・文化人類学的な内容と、ヒマラヤの動植物と自然環境に関する内容について、それぞれレクチャーを受けながら、見学した内容をワークシートにまとめていきました。
 「世界の屋根」としてその名も高きヒマラヤですが、展示内容をじっくり見ていると知らなかったことが多く、数々の貴重な資料に興味をかき立てられました。また「ヒマラヤにさわってみよう」といった体験型の展示コーナーでは、ヒマラヤの民族衣装を試着したり、様々な民具を直接使ったりできて、楽しみながら地域文化に触れることができました。
 今回の現地研修は、今後の学習活動につながる大変良い体験となりました。
 なお、この見学に際して、茨木先生、辻野先生から様々なご教授を賜り、また授業での利用ということで博物館より観覧料の免除を賜りました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修
博物館研修 博物館研修


23:24 | 投票する | 投票数(9)