徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成18年度> 地学部 

地学部

地学部 >> 記事詳細

2007/03/18

あすたむらんど徳島プラネタリウム KAGAYAトークショー&サイン会

| by:Web担当者

あすたむらんど徳島プラネタリウム KAGAYAトークショー&サイン会

 3月18日(日)に,あすたむらんど徳島プラネタリウムにて開催されたKAGAYAトークショー&サイン会に参加しました。 KAGAYAさんは,世界に先駆けてデジタルペインティングの手法を確立され,現在,宇宙や自然,神話をテーマにしたデジタルファインアート(CG)作品を多数発表されており,緻密で透明感のある作品は多くのファンを魅了しています。またブラックホールや流星群などの天文事象を,科学的内容を反映したCGで表現され,そうした画像は,プラネタリウムでの解説から天文雑誌・書籍まで幅広く活用されています。現在プラネタリウムで投映中の番組「Yakusoku~銀河鉄道でめぐる宇宙(ソラ)の旅 最終章~」の映像もKAGAYAさんの手によるものです。
 トークショーでは,プラネタリウムならではの演出のもと,デジタルペインティングの様子を交えた作品制作の過程の詳しい解説,そして宮沢賢治「銀河鉄道の夜」への思いや作品制作について(作品世界を構築するに当たって,全天6千個の恒星の位置と等級を正確にデータ化し,コンピュータを用いてはくちょう座~みなみじゅうじ座を中心とする平面上に展開するということまで行ったそうです),それから2003年の南極皆既日食観測のお話と,“KAGAYAさんと皆既日食の奇跡の2ショット写真”(NASAのサイトの1つであるAstronomy Picture of the Dayで全世界に発信:http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap050407.html)が撮影されたいきさつについてのお話がありました。
 KAGAYAさんは幼い頃より星の世界に憧れ,高校時代は天文学者への道も考えたそうですが,宇宙や自然の素晴らしさをできるだけ多くの人に伝える仕事をしたい,との思いから絵描きになる道を選んだそうです。それから「世界中を旅してみたい」「“銀河鉄道の夜”の世界を自分なりに表現してみたい」といった夢を持ち続け,それを実現して作品に反映させてきた体験から,夢を持つことの大切さを熱く語ってくださいました。
 日頃はさまざまなことに追われて,夢や希望を見失いがちですが,KAGAYAさんとお話しして,夢とロマン,そして自然に対する尊敬の念を忘れることなく前進していこうと勇気付けられました。

KAGAYA公式ホームページ http://www.kagayastudio.com/KAGAYAギャラリー

KAGAYAトークショー&サイン会1KAGAYAトークショー&サイン会2KAGAYAトークショー&サイン会3

その他KAGAYAトークショー&サイン会

 月周回衛星セレーネ(SELENE:SELenological and ENgineering Explorer)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が今年の夏頃の打ち上げを目指して開発を進めている探査機です。今年から来年度にかけて,中国・インド・アメリカなどが,相次いで月探査機を打ち上げる予定で,セレーネは図らずも国際的な“月探査競争”に参戦することになりました。このセレーネを応援すべく,月に名前とメッセージを送る「月に願いを!」キャンペーンが行われ,本校も希望者を募ってキャンペーンへの団体申込を行いました。城南高校56名の名前とメッセージは,セレーネに取り付けるシートに刻まれ,月周回軌道に送られます。

キャンペーンホームページ http://www.isas.jaxa.jp/j/new/event/selene_camp/index.shtml


12:43

フォトアルバム

地学部
12

あすたむらんど徳島プラネタリウム KAGAYAトークショー&サイン会を開きます。
4枚
あすたむらんど徳島プラネタリウム KAGAYAトークショー&サイン会

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
天体観測会を開きます。
9枚
天体観測会

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
科学館との連携 「2.阿南市科学センター」を開きます。
4枚
科学館との連携 「2.阿南市科学センター」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
科学館との連携 「1.あすたむらんど徳島」を開きます。
7枚
科学館との連携 「1.あすたむらんど徳島」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
「水星の太陽面通過」観察会を開きます。
7枚
「水星の太陽面通過」観察会

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
12