徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成21年度> 1年生 

1年生

1年生の活動 >> 記事詳細

2009/12/10

鳴門教育大学 高大連携授業

| by:Web担当者

鳴門教育大学 高大連携授業 2009.12.10 応用数理科40名参加

 12月10日(木)、鳴門教育大学自然・生活系の先生にご協力いただいて、2学期末考査の最終日午後、応用数理科1年生を対象に鳴門教育大学で連携授業を実施した。108HR40名に事前に希望をとり、物理・化学・生物・地学の4科目に分かれて、講義を聴き、実習を行いました。


<物理>
 物理分野では,粟田准教授による放射線に関する講義・実習を受けた.講義内容は1.原子核と放射線,2.霧箱を使った放射線の観察,3.熱ルミネッセンスの観察,4.ガンマ線測定器の見学であった。 まず,原子の構造,放射線の性質や,測定方法について初歩的にわかりやすく説明していただき,霧箱を使い,放射線(α線)の通った道筋にできる飛行機雲のような軌跡を観察した.さらに,霧箱冷却用のドライアイスを作る体験もできた。
 また,ガンマ放射線のエネルギーを蓄積させた方解石(CaCo3)を室温に戻すと赤く発光する熱ルミネッセンスという現象も興味深く観察した.この現象は現在も大学で研究されており,最新の研究現場を実感するいい機会であった。
 最後に,ガンマ線測定器を見学し,持参した試料の放射するガンマ線の測定をしていただくことになった.生徒にとっては難しい内容であったが,積極的に質問し,理解を深めていた。また,終了後も名残惜しそうに霧箱の観察を続けている生徒もいた。

物理1物理2物理3物理4物理5

<化学>「スライドガラスで鏡をつくろう」
 化学分野は武田清先生の御指導のもと酸化還元反応の原理を理解するための導入として,「スライドガラスで鏡をつくろう」という題で銀鏡反応にトライしました。はじめに,武田先生から簡単に電子の授受と酸化還元について説明を受け,「銅と亜鉛の置換反応」を行い銅樹をつくりました。続いて,銀鏡反応の実験を行いスライドガラスに鏡を形成しました。銀が析出してくる間に演示実験として,「時計反応」・「振動反応」いずれも酸化還元反応の結果得られたヨウ素のヨウ素デンプン反応を利用したものでありました。いずれも興味関心を強くかき立てられるものでした。

化学1化学2化学3化学4化学5

<生物>「電子顕微鏡でみてみよう」
 佐藤勝幸先生から、顕微鏡の原理等についての講義をお聴きし、走査型顕微鏡の操作について簡単な説明を受けました。生徒達は、高校での授業「理数生物」で、顕微鏡についてはすでに学習しており、生物の教科書や資料集で細胞小器官等の電子顕微鏡写真を見ているので、大変意欲的に今回の実習に臨んでいました。
 観察は、生徒各々が持参した植物の葉、花粉、毛髪、キノコなどを試料としました。専用の台座に試料を小さく切って貼り付け、蒸着装置を使って試料表面に金を蒸着させました。それを顕微鏡内にセットし、佐藤先生に指導していただきながら、一人ずつ操作しました。生徒は、日頃は想像もつかないような微細構造を目の当たりにして、目を輝かせていました。ミクロの世界にますます興味を持ったようで、帰りには「また、鳴教大に行って実習をしたい」という声も聞かれ、有意義な実習となりました。

生物1生物2生物3生物4生物5

<地学>「金鉱石からの金の抽出」 村田守先生
 初めに人類の文明と金属の利用についてお話を聴き、鉱石から銅・鉄・金等を取り出す方法を教わりました。その後、粉末状に細かく砕いた金鉱石(静岡県下田市産)から金を抽出する実験を行いました。まずは蒸発皿に鉱石粉を入れ、水を加えて揺り動かして不要なケイ酸塩鉱物などを洗い流し、比重の大きな金を集めるという物理的方法(椀がけ)を試しました。次に鉱石粉と水を加えたPVA洗濯のりを混ぜ合わせた「スラリー」に、ストローで息を吹き込んで泡を作り、親水性の金が泡の表面に浮かび上がるのをろ紙で採集する化学的方法を行いました。

地学1
地学2光っているのが金
地学3
地学4
地学5

15:06

フォトアルバム

1年生の活動

鳴門教育大学 高大連携授業を開きます。
20枚
鳴門教育大学 高大連携授業

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(0票)
三井化学大阪工場見学・甲南大学フロンティアサイエンス学部での実習を開きます。
5枚
三井化学大阪工場見学・甲南大学フロンティアサイエンス学部での実習

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(0票)
園瀬川総合科学調査を開きます。
5枚
園瀬川総合科学調査

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(0票)
徳島文理大学薬学部体験を開きます。
20枚
徳島文理大学薬学部体験

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(0票)
徳島県立博物館現地研修を開きます。
23枚
徳島県立博物館現地研修

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(0票)