徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成22年度> SSH1年生 

SSH1年生

活動の様子など >> 記事詳細

2010/07/23

高大連携事業:鳴門教育大学出張講義「コピー用紙の不思議」

| by:SSH-M

7月14日(水)3限目,応用数理科1年生を対象に,鳴門教育大学自然・生活系教育部松岡隆教授による「コピー用紙の不思議」を講義していただきました。
講義では,コピー用紙のたて横の比をうまく利用することによって,コピー用紙を3等分したり,4等分することをわかりやすく例を挙げて説明され,その証明をしてくださりました。
 
《生徒の感想》
・コピー用紙の比を使ってうまく三等分や四等分できたときは,こんな方法があるのか,と感心しました。
・身近なコピー用紙に数学がつまっていて,それを見つけ,証明していくのが面白かった。
・折り方次第でいろんなことが分かることにビックリしました。
・コピー用紙が三つ折りとか四つ折りにピタッと折れた時に感動しました!これから手紙を折るときは,習った折り方でやってみたい。
・初めには何が出来るが分からなかったけど,してみるとよくできていて楽しかったです。
 
数学_1 数学_2
数学_3 数学_4 
数学_5 数学_6
 
 

10:30 | 投票する | 投票数(3)