徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成18年度> 講演会等 

徳島城南塾

 応用数理科1年生、2・3年生SSHクラス生、希望者を対象として、地元の研究家や本校卒業生を講師として徳島城南塾を実施しました。

 

講演会等

講演会等 >> 記事詳細

2006/06/19

第1回 「橋本就安先生」

| by:Web担当者

第1回 「橋本就安先生」

 6月19日に、徳島県出身の天文研究家、橋本就安先生を講師として招き、「星空に人工衛星を追いかけて」と題して授業をしていただきました。橋本先生は、天文ファンには全国的によく知られた人工天体観測のスペシャリストで、月刊天文ガイドの「人工天体ガイド」を長年担当されています。ご講演では、橋本先生が星空に興味を持ったいきさつから、人工天体観測の第一人者になるまでのエピソード、そして現在観測研究されていることなど、本当に面白いお話でした。橋本先生は現在、岡山県美星町の美星スペースガードセンターで観測者としてご勤務されています。その任務の一つは、小惑星や彗星、特に地球に接近するNEO天体(Near Earth Object)の観測。そしてもう一つは、地球軌道上で年々増加しているスペースデブリ(使用済みのロケットや寿命の尽きた人工衛星などの宇宙ゴミ)の観測だそうです。前者は映画「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」で描かれた人類の存続に関わる問題、後者はコミック&アニメ「プラネテス」で描かれた近未来の有人宇宙開発時代に脅威となる問題と深い関係があります。橋本先生のお話に、宇宙への憧れをかき立てられた講演会でした。


11:14

フォトアルバム

講演会等

「ノーベル物理学賞受賞者 小柴昌俊先生」を開きます。
10枚
「ノーベル物理学賞受賞者 小柴昌俊先生」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)