徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 学校生活 

フォトアルバム

学校生活
12345

令和2年度城南高校入学式を開きます。
15枚
令和2年度城南高校入学式

 始業式の午後、城南高校の入学式が挙行されました。大勢の保護者と桜の大木が見守るなか、普通科239名と応用数理科40名が入学を許可され、私たちの仲間になりました。
 ようこそ、チーム城南へ!あなたたちを待っていました!
登録者:広報 | 2020/04/08(20票)
コロナに負けるな!新年度始業式!!を開きます。
12枚
コロナに負けるな!新年度始業式!!

 3月からずっと休校でしたが、ようやく4月8日(水)に令和2年度の始業式がありました。学年が1つ上になり、久しぶりの友人知人クラスメイトに大感激です。涙が出そうでした。とはいえ、またコロナのせいでGW明けまで休校です。早く学校に来て友達と一緒に学び(遊び)たい!心の声まで聞こえてきました。なお、画像は写真部の桜です。
登録者:広報 | 2020/04/08(8票)
「SSHアメリカ研修団」研修全日程を終了しましたを開きます。
3枚
「SSHアメリカ研修団」研修全日程を終了しました

 SF国際空港を45分遅れて離陸、太陽を常に南に見ながらのフライトです。関西国際空港にはほぼ予定通りの16:10に到着し、入国審査・預入荷物受け取り後、解団式を行いました。17:10関西空港を出発。学校には20:00に到着。校長先生、教頭先生をはじめ、多くの保護者にお迎えいただきました。この研修にご協力いただきました名鉄観光様、ご支援いただきました保護者に皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
登録者:SSH-M | 2020/01/19(3票)
「SSHアメリカ研修団」SF空港を出発しますを開きます。
6枚
「SSHアメリカ研修団」SF空港を出発します

 ホテルを7:30出発し、本日も青空のなか9:00にサンフランシスコ空港に到着。現在出国手続きを終えアメリカ最後の買い物をし、UA35便‘(11:25)発の搭乗待ちです。北カリフォルニア阿波っ子の会会長、バールマン理美子様、現地ガイドの水戸様をはじめ、お世話になりました皆様に心から感謝いたします。またいつの日かお目にかかれますことを楽しみにしています。
登録者:SSH-M | 2020/01/18(18票)
SSHアメリカ研修5日目を開きます。
32枚
SSHアメリカ研修5日目

アメリカ研修5日目が無事終了しました。
 本日の終日雨予想です。午前中はこの期間初めての本格的な雨となりましが、昼頃から回復、午後の研修では快晴となりました。本日はバールマンさんとご子息のケニスさんが同行され、補足説明もしてもしていただきました。本日も全員元気に研修を終えることができ、5日間を通して大きなトラブルや体調不良者もでず、順調に研修がすすんだことに感謝いたします。

本日の研修内容
・6:30に起床し7:00朝食、8:00ホテル出発です。本日の研修はサンフランシスコ北部を中心とするため、移動時間等は短くなっています。
・最初の研修地はMuir Woods National Monument (ミュアウッズ)です。周辺の道路は大型バスが通行できないため、小型バス2台で移動し、9:00に到着しました。ミュアウッズはスタンフォード大学の校章にもなっているレッドウッドの巨木の原生林で、「猿の惑星 創世記」のロケ地でもあります。初めにパークレンジャーのトッドさんよりミュアウッズの説明を受けました。中でも考えさせられたのは、現在までにレッドウッド原生林の95%が伐採され、残っているのはミュアウッズを含むわずか5%であるというお話です。高さ100mに迫る巨木に圧倒されるとともに、自然保護について考えさせられました。
・11:30からの研修のThe Bay Model Visitor Centerは、サンフランシスコ湾の環境問題を解決するためのつくられたサッカーコート2面分の大きさの大型模型をもつ施設です。現在はコンピューターシミュレーションの発達で役目を終え、教育目的の施設となっています。貸し出されたヘッドホンで日本語の説明を聞きながらまわり、サンフランシスコ湾についての学習を深めました。
・雨天のため、移動のバス内でランチボックスの昼食をとりました。おにぎりメインとするものので、久々の梅干しが大変おいしかったです。次の研修地に着く頃には雨はあがっていました。
・13:30には次の研修地Point Reyes National Seashoreに到着し、ビジターセンターでパークレンジャーのカルロさんを乗せ、途中説明を受けながら目的のドレイクス海岸に到着しました。ドレイクス海岸は野生の像アザラシが観察できる場所で、現在は繁殖期に当たるそうです。現地で像アザラシの個体数などの調査しているバグリさんからも説明を聞くことができ、目前2mの距離で観察できる像アザラシの姿に歓声があがっていました。
・ビジターセンターに戻り、Point Reyesの紹介ビデオを鑑賞した後、1906年に起きた地震断層が見られる場所まで徒歩で移動し、説明を受けました。事前学習で地震や断層の基礎知識は身に着けていましたが。6mずれた断層を目の当たりにし、その規模に驚かされました。
・ホテルには18:00に到着し、チキンと野菜炒めをメインとする最後の夕食をいただきました。
・たくさんの方々のご協力により、5日間のアメリカでの充実した研修を終えることができました。心より感謝申し上げます。
登録者:SSH-M | 2020/01/17(52票)
SSHアメリカ研修4日目を開きます。
66枚
SSHアメリカ研修4日目

【お待たせいたしました】


アメリカ研修4日目が無事終了しました。
 本日も心配された雨は一切降らず、研修の中心ともいえるSHCP校の研修で現地の高校生と交流を深めることができ、全員元気に研修を終了しました。

本日の研修内容
・5:50に起床しビュフェ形式の朝食後、6:50にホテルを出発しました。研修を盛り上げるため、朝食時には自主的なあいさつ運動をする姿がありました。
・7:35にSHCP校に到着し、お世話いただいている日本語クラスの安部力先生から日程の説明をしていただき、副校長お二人より歓迎のご挨拶をいただきました。
・1時間目Block8では、城南高校生を6グループに分け、日本語クラスの生徒がそれぞれに3・4名ついて、校内を案内していただきました。
・2時間目Block2では、本校生各4人の11グループで科学・数学の授業に参加させていただきました。授業内容が日本の高2・高3の内容で難しく感じたと思いますが、生徒がパソコンを活用し授業を受けている姿や授業での問いかけに積極的に参加する姿勢見て、アメリカンスタイルの授業の雰囲気は感じられたようです。
・昼休みには、校内のカフェテリアで現地校の高校生と昼食をいただき、活発な交流ができました。時代の流れなのかFacebookでの交換をする生徒が多くいました。また、昼食時には城南高校の来校を校内放送とディスプレイで紹介していただきました。
・3時間目Block3では、日本語クラスの生徒26名の前で城南生7グループが日本の文化などについて英語でプレゼンをしました。プレゼンの内容は「日本の学校生活」「日本の遊び」「和食」「漢字」「折紙」「日本の行事」「藍染」です。各グループとも内容も良くまとまっており、本番で最高のプレゼンテーションをすることができたと思います。その後は、持参したお土産を渡すなど交流を深めました。これまでの準備は大変だったと思いますが、それぞれに達成感や充実感を味わうことができたことと思います。
・サンフランシスコオークランド・ベイブリッジを渡り14:30からカリフォルニア大学バークレー校でのキャンパス見学をしました。ノーベル賞受賞者用の駐車場や創設時の1873年に建てられた建物を見学した後、構内の売店でUCバークレーグッズ等の買い物をしました。
・その後、バークレーキャンパスの上の丘にある科学館LAWRENCE HALL OF THE SCIENCEへ移動しました。科学に対する多くの展示物がありましたが、一番人気を集めたのがバーチャルリアリティ体験でした。英語での説明文の読解や英語音声の聞き取りに苦戦しながらも多くの生徒が楽しんで新しい技術に触れることができました。尚、日の入り時刻とも重なり、サンフランシスコ市内を背景としたとても美しい夕日を見ることができました。
・再びサンフランシスコオークランド・ベイブリッジを渡りサンフランシスコ市内の日本食レストラン「YAMASHO」で夕食です。途中大渋滞に巻き込まれましたがサンフランシスコの夜景には大感激しました。「YAMASHO」では、この研修をお世話いただいているバールマン理美子さん、ミュアウッズでお世話になるトッドさん、バールマンさんの息子さんとともに食事を楽しむことが出来ました。料理はいなり寿司や焼きそば、トンカツ、唐揚げ、餃子、味噌汁にご飯など、食べやすいメニューで用意していただき、生徒も大満足だったと思います。
・ホテルには21:00に帰着しました。早いものでいよいよ明日が最終の研修です。疲れも見えていますが、もうひと頑張りしてきます。
登録者:SSH-M | 2020/01/16(101票)
SSHアメリカ研修3日目を開きます。
37枚
SSHアメリカ研修3日目

アメリカ研修3日目が無事終了しました。
 昼食時ににわか雨にあいましたが、その他はほぼ晴れの暖かい天気でした。寝不足の生徒もおりましたが、全員が講義に集中することができ、元気に本日の研修を終えることができました。

本日の研修内容
・5:30に起床し、ビュフェ形式の朝食をとり、6:00にホテルを出発です。定刻に起きられなかった部屋が1部屋あったのが残念です。
・サンアンドレアス断層を利用した人造湖であるクリスタルスプリン個沿いの高速を走り抜け、8:35からStanford大学のHartley Conference Room をお借りして、2つの講義を拝聴しました。
・前半、Stanford大学で地球科学の教授をされているDunham先生の講義がありました。自己紹介や地球科学に興味を持った経緯から始まり、昨年の夏に起きたカリフォルニアの2つの地震と熊本地震の比較、カリフォルニアのサンアンドレアス断層の特徴、東日本大震災、南海トラフ地震・津波のモデリング、ハワイのキラウエア火山の噴火活動の説明がありました。また、ご自身が取り組んでいる地震や津波のシミュレーションの動画を見せていただき、コンピューターシミュレーションが地球科学の分野で果たす役割や各国の研究者との情報交換や共同研究が活発になされている旨のお話をお聞きしました。
・後半の保田先生は神戸大学経営学研究科准教授であり、この夏からStanford大学で客員教授をされ、起業に関する講義を担当しています。お忙しい中、徳島に主眼を置いたプレゼンテーションをつくっていただいたことに感謝いたします。徳島の魅力として、美波町・上勝町でのアントレプレナーシップの取組の紹介から始まり、他県の取組についての説明がありました。また、「あなたは何をしにシリコンバレーへ」との問いかけをいただき、Changeすることの大切さを学びました。今後、物事を考える大きな指針をいただきました。また、保田さんのお手伝いをされている久保田さんのお話も聞くことができました。久保田さんは大学卒業後、広告代理業の営業をされていましたが、現在は学生としてシリコンバレーで、イノベーションについて学んでいます。生徒たちは、ペアワークで問題解決のためのプロセスである「デザイン思考」に関するイノベーション体験をし、具体的な事例から考えることができました。また生徒と年齢の近い久保田さんからの考え方には引き込まれるものを感じたようです。
・講師の先生方と集合写真を撮った後、学生に混じってのランチ、キャンパス見学、大学売店でのStanfordグッズ購入などをしました。
・14:00からシリコンバレーのIntel博物館の施設見学を行いました。入口の中庭に設置されたロゴモニュメントの前で記念撮影した後、館内の展示ではコンピュータの頭脳であるCPUの研究開発の歴史について学ぶことができました。また、Intelロゴのオリジナルグッズ購入もしました。
・15:10からはApple 本社を道で隔てたApple Visitor Centerを訪問し、Apple本社をバックに記念撮影をした後、iPadを使って社屋模型を見たり、最新のApple製品を直接触ったりすることができました。
・帰りの高速道路では大きな渋滞にかかることもなくスムーズにホテル周辺まだ来たため、1日目に寄ったスーパーマーケットでお土産等をまとめ買いし、ホテルには予定通り18:30に到着しました。
・夕食は1日目と同じ場所で、シーザーサラダ・ラビオリ・デザートをいただいた後、明日訪問するSHCP校でのプレゼンテーションの最終練習をしました。良いプレゼンテーションになることを期待します。
登録者:SSH-M | 2020/01/15(75票)
SSHアメリカ研修2日目を開きます。
46枚
SSHアメリカ研修2日目

アメリカ研修2日目が無事終了しました。
 午前中は雲1つない快晴で非常に気持ちよく過ごせませた。この研修が1月実施になってからこのような天気は初めてであるようです。午後から少しずつ天候が悪化し、夕方らは小雨がぱらつきましたが、傘をさす必要はありませんでした。午前中少しおなかの調子を悪くした生徒もいましたが、研修には大きな支障もなく、元気に本日の研修を終えることができました。

本日の研修内容
・7:00に起床し、7:30朝食です。オムレツ、パン、ベーコンを中心としたビュフェ形式です。特にオムレツはその場で注文し、調理したてのものをいただくことができました。ある生徒はベーコン入りオムレツを注文しましたが、出てきたものはベーコン単体でした。英語による注文の難しいです。
・8:30にホテルを出発し9:15にゴールデンゲートブリッジ展望台に到着しました。橋が建設された経緯等についての説明を受け、めいめい周辺を散策した後、ゴールデンゲートブリッジをバックに集合写真を撮りました。
・10:30に医学分野を専門とした大学院大学であるカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)を訪問し、荻野広和先生より熱心な講義を受けました。荻野先生は大阪出身で徳島大学医学部を卒業され、徳島大学大学院医歯薬研究部で助教をされています。この5月からUCSFに研究留学され、「がん免疫療法」についての基礎研究をしています。自己紹介、「がん」や「がん免疫療法」の説明から始まり、留学の意義・アメリカの生活、留学のご経験から「井の中の蛙になってはいけない」「英語は大事」とメッセージをいただきました。また、事前にお送りしていた生徒たちの質問項目についてもひとつひとつ丁寧にご回答をいただきました。
・13:00には昼食として10ドルを受け取り、サンフランシスコ市内のデーパートのフードコートで昼食を注文する体験をしました。日本と異なり注文方法が複雑で多くの生徒が悪戦苦闘しながら、なんとか昼食にありつくことができました。
・14:20にはサンフランシスコのホテルの一室をお借りし、シリコンバレーで制御工学に関するお仕事をされ、現在Vision Del Mar,LLCを創設されご活躍されている井坂暁先生をお招きし、イノベーションに関するご講演をいただきました。講演を通して伝えていただいたことは、イノベーションは観察から始まる。言動・行動からその人の気持ちに気づく。共感→問題→仮説→検証→修正を反復せよとのことです。最後に次の3点(「Now or Never」「Fail Forward」「Empathy」)を忘れるなとメッセージをいただきました。
・講演終了後は、20分ほどのケーブルカーの搭乗体験をした後、17:30にフィッシャーマンズワーフ(ピア39)に到着しました。1時間の自由散策でお土産を購入し、その後夜景の大変綺麗なレストランで夕食をいただきました。ちなみにメインディッシュは白身の魚料理でした。
・夕食後、サンフランシスコで有名なTOADER JOE’S(日本の無印良品のような店)に立ち寄り、30分の買物をした後、21:00にホテルに帰ってきました。明日の朝は行程の中で一番早いので、研修に備えます。
登録者:SSH-M | 2020/01/14(90票)
SSHアメリカ研修1日目を開きます。
30枚
SSHアメリカ研修1日目

アメリカ研修1日目が無事に終了しました。
 関西国際空港-サンフランシスコ空港便はほぼ満席で、睡眠不足および、時差ぼけの生徒も多いですが、全員元気で一日の研修を終えることができました。また、この時期としては快晴に近く天候にも恵まれました。

本日の研修内容
・関西国際空港-サンフランシスコ空港便は順調にフライトを続け、予定より40分早い現地時間10:20に到着しました。しかし、飛行機を降りると見たことのないような入国審査の列、最後の生徒が入国できたのはなんと2時間半後でした。
・現地の研修中は添乗員の谷川さん・長尾さんに加え、ガイドの水戸さん、現地での段取りをされているバールマン理美子さん(城南高校卒)にもお世話になります。アメリカでの生活・文化や車窓から見える風景についても、たくさんお話を聞かせていただきます。
・現地バスには13:30に乗り込むこととなり、本来は飲食禁止であるアメリカのバス内でお弁当をいただく許可をもらい、最初の目的地であるCalifornia Academy of Sciencesには14:00に到着しました。
・California Academy of Sciencesはゴールデンゲートパーク内にある世界最大の自然史博物館で、自然博物館、水族館、プラネタリウム、亜熱帯温室や研究所がひとつの建物に集められており、日本には見かけないタイプの博物館となっています。ここではバールマンさんの息子さん(大学生)にも館内を案内していただきました。生徒たちとも年齢が近く、英語・日本語交じりで、会話を弾ませることができました。また、15:00からはプラネタリウムを鑑賞しましたが、心地よいシートと英語の解説により、一瞬のうちにこの時間が過ぎ去った生徒が多かったようです。
・16:00にCalifornia Academy of Sciencesスーパ出発し、途中スーパーマーケットに立ち寄り、水やお菓子などを購入する体験をした後、17:30にEmbassy Suites by Hilton San Rafael – Marin Countyに到着しました。あいにく工事が長引き、大部分が改修中でありましたが、広くきれいな部屋には満足したようです。
・夕食はレストランの一角を貸し切って、とても優雅な雰囲気でした。例年慣れない味に苦戦する生徒が多いのですが、1日目はチキンメインとした料理であり、完食した生徒も多かったです。
・本日は早めに点呼、体調確認をして一日目は終了しました。時差の関係もあり、長い長い一日目だったので、とても眠そうです。今晩はよく眠れることでしょう。それでは明日の研修に備えます。
登録者:SSH-M | 2020/01/13(57票)
アメリカ研修団出発しましたを開きます。
5枚
アメリカ研修団出発しました

1月12日(日)、城南高校SSHアメリカ研修団は、結団式を終えた後12:00に学校を出発し、関西空港には14:40に到着しました。現在全員が出国手続きを済ませ、搭乗を待っているところです。保護者の皆さま、お手伝いいただきました先生方、お見送りありがとうございました。それでは行って参ります。
登録者:SSH-M | 2020/01/12(19票)
修学旅行3日目を開きます。
7枚
修学旅行3日目

登録者:広報 | 2019/05/09(3票)
R1修学旅行2日目を開きます。
9枚
R1修学旅行2日目

登録者:広報 | 2019/05/08(2票)
R1修学旅行1日目を開きます。
6枚
R1修学旅行1日目

全団無事にルスツリゾートホテルに到着しました。
登録者:広報 | 2019/05/08(2票)
1学年学年集会を開きます。
3枚
1学年学年集会

4/16(火)、1学年の学年集会を行いました。
各教科の先生から、高校での学習の仕方を教えていただきました。
登録者:広報 | 2019/04/18(1票)
平成30年卒業式を開きます。
11枚
平成30年卒業式

登録者:広報 | 2019/03/07(13票)
平成30年度賞状授与式を開きます。
9枚
平成30年度賞状授与式

登録者:広報 | 2019/03/01(10票)
SSHアメリカ研修解団式を開きます。
14枚
SSHアメリカ研修解団式

 関西空港には16:00頃に到着し、入国審査、預け入れ荷物の受け取りを全員無事に済ませ、空港ターミナルのバス内で解団式を行いました。1週間ではありますが、生徒たちはアメリカという日本とは大きく異なる生活環境においてもしっかりと自己管理をし、それぞれの研修に意欲的に取り組むことができたと思いいます。今回の研修で、体験したこと、感じたことを、これからの学校生活や将来に生かしてもらいたいと思います。最後に、この研修にご協力いただきました名鉄観光様、ご支援いただきました保護者に皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
登録者:SSH-M | 2019/01/19(23票)
サンフランシスコ空港を出発しますを開きます。
9枚
サンフランシスコ空港を出発します

 6:30起床、7:00朝食、8:00にホテルを出発し、8:30過ぎにサンフランシスコ空港に到着しました。現在、手荷物検査、出国審査を終え、搭乗口ロビー付近で待機中です。今のところ予定通りの11:25発のフライトになりそうです。今回の研修では、天候の影響やアメリカ政府機関の一部閉鎖など、当日に若干の日程変更をする場面もありましたが、代案を含め計画どおりに充実した研修を実施することができました。事前計画の段階から当日までお世話をいただいた徳島県人会のバールマン理美子様、現地ガイドの水戸様をはじめ、多くの皆様にお世話になりました。心から感謝いたします。
登録者:SSH-M | 2019/01/19(12票)
アメリカ研修5日目を開きます。
47枚
アメリカ研修5日目

アメリカ研修5日目が無事終了しました。
 午前中は小雨が残りましたが、午後は曇りで時折薄日がさすまで天気も回復しました。昨日の風雨は、日本ではよくある天候ですが、年間降水量の少ないカリフォルニアでは年に数回ある程度の大雨だったようです。本日の研修も無事に終えることができ、5日間大きなトラブルもなく順調に研修が進んだことに感謝します。また、午前の研修には、昨日に続きバールマン理美子様も参加してくださいました。事前の日程調整に始まり、様々な面で大変お世話になり、ありがとうございました。

本日の研修内容
・本日最初の研修はホテル内のため、7:00起床、7:30から朝食で少しゆったりとしたスケジュールとなっています。
・9:30からはホテル内のGIRARDELLI ROOMでサンフランシスコ日本国総領事館の青野副領事官による講義を行いました。自己紹介に始まり、日本とカリフォルニアの比較、サンフランシスコベイエリアやカリフォルニアの歴史と発展、政治・経済などについて、分かりやすく説明していただいた後に、カリフォルニアと日本のつながりや総領事館の役割・仕事などについて教えていただきました。最後に、これまでの様々な経験から「人間は失敗したときにどう乗り越えるか(解決するか)を経験することが大切」など、城南生に激励のお言葉をいただきました。生徒からの質問にも丁寧にお答えいただき、充実した研修となりました。
・講義終了後、市内のショッピングモールのフードコートで各自が自由に昼食をとり、午後の研修先であるカリフォルニア大学サンフランシスコ校に向かいました。
・14:00にカリフォルニア大学サンフランシスコ校を訪問し、同校で小児科の分野で医学の研究をされている香川県出身の児島克明先生より熱心な講義がありました。自己紹介から始まり、なぜアメリカへ留学しようと考えたのか、アメリカと日本の医者や医療制度の違い、新生児の医療における課題、留学のメリットとデメリットなどについて、生徒への質問も交えながら丁寧に説明していただきました。また、先生ご自身の留学経験から「英語については、上手でなくてもいいが、自分の言いたいことを発信する(伝える)ことが大切」「百聞は一見にしかず。チャレンジしてもらいたい」などのお言葉をいただきました。医療系に進みたいと考えている生徒以外にも、将来の進路や海外へ留学することへの考え方など、大変参考になる研修だったと感じました。
・研修後は、ケーブルカーの搭乗体験をした後、フィッシャーマンズワーフ(ピア39)に到着しました。1時間余りの自由散策で最後のお土産を購入し、その後夜景の大変綺麗なレストランで今回のアメリカ研修最後の夕食を皆で楽しくいただきました。
・20:00過ぎにホテルに帰着。生徒たちは荷物の片づけも終わり、ぐっすり就寝していることと思います。
登録者:SSH-M | 2019/01/18(55票)
SSHアメリカ研修4日目を開きます。
46枚
SSHアメリカ研修4日目

 アメリカ研修4日目が無事終了しました。
 本日は、昼頃から大雨が予想されるため、フィールドワーク等の時間を少しずつ繰り上げて実施することにしました。天候等の心配もあるため何かお手伝いできることがあればと、初日にお会いしたバールマン理美子さんと友人の息子さん2人もボランティアに駆けつけてくれました。時折強風を伴って強い雨が降るときもありましたが、午前のThe Bay Model Visitor Centerの見学、Muir Woods National Monument(ミュアウッズ)の散策、午後は海洋哺乳類保護センターの見学を行い、無事に研修を終えることができました。

・本日最初の研修地であるThe Bay Model Visitor Centerは、サンフランシスコ湾の環境問題を解決するためにつくられた大型模型をもつ施設です。サンフランシスコ湾への雪解け水の流入、沿岸流や潮汐作用の影響など様々な要因を忠実に再現しており、サンフランシスコ湾についての学習を深めることができました。現在はコンピューターシミュレーションの発達で役目を終え、教育目的の施設となっています。生徒の皆さんが課題研究で実験やシミュレーションを行うときのヒントになればと思います。
・続いての研修地はMuir Woods National Monument です。周辺の道路は大型バスが通行できないため、午前の研修は小型バス2台での移動となりました。
・ミュアウッズとはスタンフォード大学の校章にもなっているレッドウッドの巨木の原生林です。「スターウォーズ」や「猿の惑星 創世記」のロケ地でもあり、推定樹齢1000年、高さ100m級の巨木に圧倒されるとともに自然保護について考えさせられました。少し日程を繰り上げて訪問したため、何とか小雨程度の状態で研修を実施することができました。
・その後は早めにゴールデンゲートブリッジ北部にあるマリンカウンティのサウサリート市まで戻り、バスの中で昼食(おにぎり弁当)を食べました。
・午後は、大型のバス1台に乗り換え、海洋哺乳動物保護センターへ向かいました。天候の影響でガイドの方が1名来られなくなったため、研修団を2班に分け、交代でボランティアで活動されている施設職員の方からレクチャーを受けるstudy tourを行いました。ヒトと自然との共生について理解を深めることができました。
・夕食前にはサンフランシスコ市内のスーパーマーケットに寄り、買い物をしました。みんなレジでの対応が上手になってきました。
・本日の夕食は、サンフランシスコ徳島県人会ゆかりの日本食レストラン「山昌」にて、日本食バイキングを楽しみました。この研修をずっとお世話いただいたバールマン理美子さん、ボランティアで駆けつけてくれた大学生(バールマンさんの友人の息子さん)2人とともに食事を楽しむことが出来ました。料理はお寿司や焼きそば、トンカツ、唐揚げ、味噌汁にご飯など、食べやすいメニューで用意していただき、生徒も大満足だったと思います。最後に、本日でお別れとなる2人の大学生にお礼の挨拶を申し上げ宿泊先に戻りました。現地の大学生とお話をするなど滅多にないチャンス。貴重な体験をありがとうございました。
登録者:SSH-M | 2019/01/17(55票)
12345