徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> 科学部 

科学部

 科学部は、物理・化学・生物・地学に興味のある人を対象に活動します。実験や観察に興味のある人、一緒に活動しましょう。活動場所はそれぞれの教室です。

部活動紹介の様子

部活動紹介の様子1部活動紹介の様子2
 

活動の様子

科学部 >> 記事詳細

2019/08/05

科学フェスティバルに参加して

| by:広報
 猛暑が続く8月3日(土)と4日(日)に、徳島大学理工学部にて「科学フェスティバル2019」が開催されました。今年も私たち科学部はブースを開設し、両日にわたって活動しました。石をテーマに毎年内容を変えて実施していますが、今回は「石の反応ときどき水晶」と題して実験と採集を行いました。
 眉山にはマンガンの鉱脈が走っており、山道を歩くと黒い二酸化マンガンが落ちています。これに過酸化水素水を加えると白い泡が立ちます。これは過酸化水素水が分解して酸素が発生したもので、二酸化マンガンは触媒として働いています。ろうそくの火を入れてみると明るく輝くのでわかります。また、恐竜化石が発見された前の川原には石灰岩が落ちています。主成分は炭酸カルシウムなので希塩酸をかけると発泡します。これは二酸化炭素です。その証拠に火を入れるとすぐに消えてしまいます。年齢制限なしだったので、就学前の小さい子から高校生まで多くの人が見に来てくれました。
 次に、皆さんお待ちかねの「水晶探し」です。春先に部員たちと愛媛まで行って採集してきた高温石英のお披露目です。凝灰岩が風化してできた赤土の中に、◇のような形をした水晶が含まれています。透明度が高くてやや紫色をしているのが特徴です。大きさは1~3ミリと小さいですが、まれに5ミリ以上の大物も見つかって歓声が上がりました。また、大きなメノウを見つけたお子さんもいました。
 こうして持ち時間の25分が経ち、皆さん名残惜しそうにされていました。2日間で400名以上の方にお越し頂き、盛況の内に終えることができました。来年度も機会があればまたやります。ご来場の皆さん、ありがとうございました。

 
    
    

14:10