徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> 科学部 

科学部

 科学部は、物理・化学・生物・地学に興味のある人を対象に活動します。実験や観察に興味のある人、一緒に活動しましょう。活動場所はそれぞれの教室です。

部活動紹介の様子

部活動紹介の様子1部活動紹介の様子2
 

活動の様子

科学部 >> 記事詳細

2019/07/25

午前は補習、午後は実験

| by:広報
 梅雨が空けてすっかり青空が広がり、7月25日(木)も夏休みの補習をやっています。午後から化学実験室にこもって各自が様々な活動をしているのですが、今日は外で実験したいと誰かが言い出しました。そこで、暑いときはより暑い実験を・・・というスローガン(?)の元で、1年生が一致団結して「テルミット反応」をやってみました。
 テルミット反応とは、金属酸化物を粉砕した物にアルミ粉末を混合させて着火すると、高熱を出しながら反応して金属の単体が得られるものです。金属の種類により反応の見た目が異なり、例えば酸化銅(Ⅱ)を用いると激しくなり、酸化マンガン(Ⅳ)ならば穏やかに燃えます。今回はオーソドックスに酸化鉄(Ⅲ)を用いました。
 空き缶に混合物を入れ、マグネシウムを導火線に用いました。火が触れた瞬間、白い煙と黄色い火花が飛び散り、缶が融解して赤黒い溶岩みたいになりました。木の枝を突っ込むと燃え出したので、まだ数百℃から千度以上あるでしょう。しばらく様子を観察した後、ジョロで水をかけるとシュワシュワと音を出しながら蒸発しました。ハワイ島の溶岩みたいです。
 すっかり冷えて固まった物は、各自で記念に持って帰りました。さて、次は何をしようか。楽しい実験をたくさんしたいです。

   
   

11:02