徳島県立城南高等学校
 
トップページ > SSH> 平成19年度> 3年生 

3年生

3年生の活動
2007/08/30

「ベンゼンからスーパーベンゼンへ」 

| by:Web担当者

「ベンゼンからスーパーベンゼンへ」 徳島大学ソシオテクノサイエンス研究部 河村保彦先生

 8月30日(木)、SSH学校設定科目「物質科学」の時間に、徳島大学ソシオテクノサイエンス研究部の河村保彦先生をお招きしての出張講義「ベンゼンからスーパーベンゼンへ」を受講しました。
 お話は、有機合成化学の発展の歴史から始まり、マイクロ波やイオン性液体を用いた化合物の合成、「亀の甲」でおなじみの芳香族化合物ベンゼンと第3の炭素同素体として注目されているフラーレンやカーボンナノチューブの性質や応用へと広がりました。

ベンゼンからスーパーベンゼンへ1ベンゼンからスーパーベンゼンへ2ベンゼンからスーパーベンゼンへ3ベンゼンからスーパーベンゼンへ4ベンゼンからスーパーベンゼンへ5
ベンゼンからスーパーベンゼンへ6ベンゼンからスーパーベンゼンへ7ベンゼンからスーパーベンゼンへ8ベンゼンからスーパーベンゼンへ9ベンゼンからスーパーベンゼンへ10

15:04
2007/06/29

「受容体」

| by:Web担当者

「受容体」 徳島文理大学 赤木正明先生

 6月29日(金)、SSH学校設定科目の時間に、徳島文理大学薬学部の赤木先生をお招きしての出張講義を受講しました。「生物なき化学は存在するが、化学なき生物は存在しない。」との基本テーマに基づき、化学IIの教科書にも出てくる薬理作用と受容体について、研究の歴史から始まって、現在の知見、研究のトレンドなどについての講義を聴きました。

生徒の感想文から抜粋(309HR 宮崎成正)
 今回の講演では、細胞膜など、生物の勉強が元になっている話はもちろん、立体構造や平衡移動の法則など、化学や物理の勉強が元になっている話も多くありました。やっぱり医学部は理科3科目なんだなぁと思いました。講演のサブテーマは、「薬理学者の永遠の恋人」となっていたけど、今回の先生は、本当に研究を楽しんでいたんだなぁという感じがしました。自分も将来は楽しんで仕事や研究ができたらいいと思います。

受容体1受容体2受容体3受容体4受容体5
受容体6受容体7受容体8受容体9

15:01
2007/06/15

「香りを作ろう、臭いを消そう」

| by:Web担当者

「香りを作ろう、臭いを消そう」 徳島文理大学 通元夫先生、豊田正夫先生、野路征昭先生、高橋宏暢先生、江角朋之先生、大学院生2名

 6月15日(金)、徳島文理大学において3年生の物質科学選択制による高大連携プログラムが実施されました。恵まれた実験設備や実験器具を用いて、生徒2人に1人の先生がチームを作り、実験方法や理論などを指導して頂きました。今回のテーマは、生活の中にある「良い香り」「悪い臭い」など「匂い」とは一体なで何なのか?を科学すること。化学合成で匂いを嗅いだり、悪い臭いの物質を無臭の物質に変換したり、興味ある実験でした。高校では学習していない部分もありましたが、「すごい!」と「なぜだろう?」「なるほど」そして「おもしろい」という感動と新たな疑問が次々に発生し、今後の化学の授業に興味を持って取り組んでいけると感じました。

香りを作ろう、臭いを消そう1香りを作ろう、臭いを消そう2香りを作ろう、臭いを消そう3香りを作ろう、臭いを消そう4香りを作ろう、臭いを消そう5
香りを作ろう、臭いを消そう6香りを作ろう、臭いを消そう7香りを作ろう、臭いを消そう8香りを作ろう、臭いを消そう9香りを作ろう、臭いを消そう10

14:57

フォトアルバム

3年生の活動

「ベンゼンからスーパーベンゼンへ」を開きます。
10枚
「ベンゼンからスーパーベンゼンへ」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
「受容体」を開きます。
9枚
「受容体」

登録者:Web担当者 | 2010/02/12(0票)
「香りを作ろう、臭いを消そう」を開きます。
10枚
「香りを作ろう、臭いを消そう」

登録者:Web担当者 | 2010/02/10(1票)