実験機器について

化学
2011/02/21

化学実験室にある実験機器

| by:SSH-M

 ●分光光度計(SHIMADZU Uvmini-1240)
物質の紫外可視吸収スペクトルや吸光度を測定し,主に有色
物質の濃度測定に使用します。
分光光度計
 ●施光計(ATAGO POLAX-2L)
光学活性物質の施光度を測定します。

施光計
 
●イオン分析計(東亜DKK IA-200)
硫酸イオン,塩化物イオンなど,イオン濃度を測定します。
イオン分析計

 ●溶存酸素計(METTLER TOREDO MO128-10M)
水中に溶けている酸素量を測定します。
溶存酸素計
 
●フーリエ変換赤外分光装置
(サーモフィッシャーサイエンティフィック(株) Nicoler IR200)
赤外吸収スペクトルを測定し,物質の同定や官能基の存在を
調べます。
赤外分光装置
 

●スタンダードボルタンメトリーツール(北斗電工 HSV-100)
酸化還元電位の測定他,電気化学測定に利用します。

ボルタンエトリツール
 ●アスピレータ(SHIMADZU SA-30),冷却水循環装置(アズワン LTC-450),染料合成等実験用ロータリーエバポレータ(SHIMADZU SE-120AW)
溶液中の溶媒を低圧で蒸発させて濃縮を行います。
アスピレータ他


                       

                                     

                                   

                      
14:00 | 投票する | 投票数(2)