徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> 科学部 

科学部

 科学部は、物理・化学・生物・地学に興味のある人を対象に活動します。実験や観察に興味のある人、一緒に活動しましょう。活動場所はそれぞれの教室です。

部活動紹介の様子

部活動紹介の様子1部活動紹介の様子2
 

活動の様子

科学部
12345
2019/06/11

第3回科学部野外巡検in徳島

| by:広報
 模擬テストの翌日6月9日(日)、2年生4名と教員1名で阿南市水井町へ行きました。この近くの加茂谷は石灰岩の露頭が多く、海百合やフズリナなどの化石も見られます。しかし、今回の目的は化石ではなく水銀鉱物でした。
 昨年、水井町で「宮ノ前遺跡」が見つかり話題になりました。古代朱とも言われる辰砂(しんしゃ)の大きな工房跡が発掘されたのです。辰砂とは水銀鉱物の一種で、弁柄(ベンガラ)・鉛丹(えんたん)と並ぶ赤い顔料です。ここでの採掘の歴史は古く、弥生時代にはすでに辰砂を採るための工房がありました。ところが、宮ノ前遺跡の発見により歴史は4500年前まで遡りました。朱は神聖なものであり祈祷などで用いられていたそうです。最も濃くて真っ赤な色合いをしており、石臼や石杵に付着した物も見つかりました。その供給源だった場所が水井鉱山(または由岐水銀鉱山)でした。
 車を降りてすぐに登山開始です。途中までわかりやすい道でしたが、山道に入ると鉱山の方向しかわからないくらい荒れていました。急な斜面をジグザグに登ったり、横倒しになった竹林をすり抜けたり、汗をかきながら少しずつ進みました。そして、ようやく目的地にたどり着きました。石灰岩の巨大な岩壁に坑道が開いて、その前に廃棄した石の捨て場があります。私たちはそこで鉱物を探しました。キラキラした方解石の結晶が見られ、キャラメル色になっていました。小一時間くらい経った頃、ようやく赤い粒子をまばらに含む石を見つけました。辰砂です。ちょうど4つあったので、生徒全員で分けました。
 その後は周辺を探索して鉱山跡を調べたり、石灰岩の分布について知りました。帰りは行きよりも慎重に歩きました。石を担いで重くなっているからです。こうして参加者全員(教員は除く・・・?)が辰砂と方解石を持ち帰ることができました。この場所を教えて下さった地元の方々並びに採集情報を提供して頂いた徳島鉱石クラブの皆様に御礼申し上げます。
   
   
   

18:09
2019/05/28

第2回科学部野外巡検in愛媛

| by:広報
 中間テストが終わったばかりの5月25日(土)、1年生を対象に野外巡検を行いました。行き先は愛媛県四国中央市を流れる関川(せきがわ)です。ここは国内有数のざくろ石産地で有名です。「ざくろ石」とは鉄やマンガン、アルミニウムなどとケイ酸からなる鉱物で、果物の「ざくろ(石榴)」によく似た赤褐色の粒子が特徴です。透明な結晶はガーネットともいい、1月の誕生石にもなっています。そうした鉱物がたくさん見つかるのです。
 河口付近を少し観察した後、本流の中流域へ向かいました。ところが、護岸工事が大規模に行われていて川原に降りられません。やむなく支流の浦山川との合流点で鉱物採集することにしました。川原に降り立つと赤い粒子や鉱脈が至る所に見られます。それらは全てざくろ石です。おはじきくらいの小さいものから、一抱え以上ある巨岩もありました。鉄分が多い粒子は赤く、マンガンの含有量が多くなると黒くなります。他にもクロムを含んでいる緑色や宝石質の結晶も見られました。もっとも後者は小さすぎて指輪には不向きですが・・・。
 10時頃から昼過ぎまで活動しました。川を渡って向こう岸へ行ったり、橋のたもとから上流や下流へ行ったり来たりしました。おかげで全員が何らかの成果を上げられました。午後になり気温が急上昇してきました。日が強く差し込んできてすっかり真夏日です。充実した時間でしたが、終了としました。

    
    

11:21
2019/04/23

第1回科学部野外巡検in愛媛

| by:広報
 4月21日(日)はよく晴れて気温が上昇し、すっかり夏日になりました。かねてより約束していたので、今回は3年生を連れて愛媛県久万高原町にやって来ました。目的は高温石英を拾うことです。高温石英とはそろばん玉のような形状をした水晶です。太古に発生した高野火砕流から生成した凝灰岩中に結晶したもので、全国的にも有名な産地として知られています。
 今回は3カ所回りました。1つめはキャンプ場のような広場でした。テントを張ってBBQをしていた家族連れが多かったです。そんな足下を見るとキラキラ光る結晶が見えます。小さい物ばかりでしたが透明度は抜群で大変きれいです。お兄ちゃんたちが熱心に採っていると、小さい子どもたちも興味津々で集まってきて一緒に採集を始めました。楽しそうでした。
 2つめは少し離れた小高い場所でした。サクサクした赤土の中に結晶が埋もれています。さっきよりは結晶が大きく、より立派なものがいくつも採れました。数十個を集めてから見るとうっすらと紫色のアメジスト!国内でもっとも美しいと言われる所以です。3つめは高度を下げて狭い谷川沿いを探しました。ここは不透明な結晶が多かったです。しかし、1cmに迫ろうかという大型結晶がいくつも見つかり、参加者はみんな歓声を上げていました。ハリ長石という鉱物も見つかりました。
 これにて3年生の活動は終了です。彼らはこれから受験勉強に本腰を入れなければなりません。進路が決まったらまた最後にどこかへ。また約束事が増えてしまいました。
 
    
    

07:46
2019/04/11

H31年度科学部特別野外巡検

| by:広報
 平成31年4月2日(火)は晴れて、絶好のフィールドワーク日和となりました。年度当初の仕事が山積みでしたが、生徒課題研究の資料集めに2年生有志と県南を訪れました。まず、牟岐町のモラスコ牟岐に立ち寄りました。ここは少し入り江になっており、波も比較的穏やかです。少し沖合では素潜りで魚介類を捕っていました。砂浜の砂を採取して磁石を近づけると、小さい黒い粒子がたくさんくっつきました。砂鉄です。この砂鉄が何かに使われたことがないか調べに来ました。しばらく砂を採取して袋詰めにしました。学校で分析する予定です。
 次に、海部まで足を伸ばして阿波海南文化村へ行きました。ここには有名な『海部刀』が多数展示されています。海部刀とは、鎌倉末期から室町時代にかけてこの地域で作られ始めた刀のことです。戦国時代には、刀を振ったときの粘り強さや頑強さが人気となり、たくさん製造されました。江戸時代以降はかなり衰えましたが、現代でも海部刀を打ち続けている刀匠がいます。生徒研究ということで、特別に錆びた海部刀も見せていただきました。
 遅い昼食をとった後で、大里海岸へ行きました。数kmにわたる砂浜が続いていました。沖は急に深くなるため遊泳できませんが、投げ釣りのメッカになっています。また、流木を利用したベンチや砂の城のような芸術作品(?)もありました。さて、研究の成果は得られたでしょうか。今後の進展が楽しみです。

 
    
    

10:14
2019/02/17

物理チャレンジ講習会

| by:SSH-M

 徳島大学総合科学部で実施された物理チャレンジ講習会に科学部の二名の生徒が参加しました。本年度は県内各地の高校から全体で16名の生徒が参加していました。来年度の物理チャレンジへの参加を見据えて一年生の参加が多かったようです。
 徳島大学理工学部の小山先生と久田先生が講師でした。午前中は久田先生が中心となってアイスブレーキングで図形を相手に正確に伝えるための方法から座標軸や単位の重要性を学びました。また,フックの法則を実際に実験で確かめてみることで実演と実験の違いについて考え,実験のために環境を整えることの重要性を学びました。
 昼食を挟んで午後は小山先生より単振動の説明を受けて周期と振幅の関係や周期とおもりの質量の関係をどのように調べたらよいのかを実験を通して学びました。生徒たちはスマートフォンを利用して振動の様子を連写モードで撮影し,運動をグラフで表して正弦関数になることを確かめました。
 生徒たちは一日真剣に実験に取り組みました。来年度の物理チャレンジのテーマは「終端速度」です。どのように生徒たちが工夫して実験をおこなうのか楽しみです。

 
 
 
 
 
 
 
 

17:30
12345