徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 部活動等> ヒューマンライツ部 

ヒューマンライツ部

 “ヒューマンライツ”とはどんな意味か知っていますか?“ヒューマンライツ”とは“人権”と言う意味です。ヒューマンライツ部は、あらゆる人権問題を解決するために何ができるかを考え行動していく部活動です。先輩が活動してきたことを引き継いで「差別はおかしい,おかしいことはなくさなければいけない」と考える仲間で活動しています。
 部の会合では、今世の中で起こっていることの中で、おかしなことはないのか、人権が侵害されていることはないのか、ということを中心に話し合っています。人権問題解決に向けての力をつけ、みんなで力を合わせ、少しづつでも世の中の差別をなくしていくことができるように話し合っています。 文化祭でも例年、人権委員会とともに人権展を実施しています。昨年はハンセン病患者等を中心とした展示を行いました。また、自分たちの考えや活動を多くの人に知ってもらうため、各学期ごとに人権新聞「TOMORROW」を発行しています。その中でヒューマンライツ部の活動紹介や、人権コンサート、人権問題講演会に対する生徒の感想や人権問題解決をめざす生徒の標語・ポスターや書道作品の紹介もしています。
 ヒューマンライツ部の活動に興味関心のある人は人権教育室を訪ねてください。

 

活動の様子

ヒューマンライツ部
一件も該当記事はありません。