徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科> 平成29年度 

日誌

平成29年度
1234
2018/03/21

徳島県SSH生徒研究合同発表会の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
 3月21日(水)に徳島県総合教育センター(板野町)にて平成29年度徳島県SSH生徒研究合同発表会が開催されました。日程等の都合で例年のあわぎんホールから変更となりましたが,応用数理科1,2年生及び普通科希望者が参加し,2年生は11の研究班全てが課題研究発表に臨みました。今年の発表数は県内6校から44作品です。
 午前中に1Fホールにて開会行事と口頭発表,午後に研修室1・大研修室にてポスター発表,その後1Fホールにて講演会,表彰式と閉会行事が行われました。審査委員には徳島科学技術高校,脇町高校,本校の各SSH運営指導委員の先生方,徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会の先生方,徳島県高等学校教育研究会理科学会・徳島県教育委員会・徳島県立総合教育センターの先生方の合計30名です。また,大塚製薬株式会社東京本社総務部部長浜本光生様からは「大塚製薬の理念と実証」という演題でご講演をいただきました。
 参加生徒は,他校の発表に触れ,審査の先生方からアドバイスをいただき,大いに刺激を受けたようです。いただいたアドバイスは研究の最終的なまとめに生かしていきます。
 さて今回発表で使用した課題研究ポスターは,修正や追加実験を経て,4月8日(日)に本校で開催される四国地区SSH生徒研究発表会に持参して研究発表を行います。

本校審査結果は以下のとおりです。
【口頭発表】
 優秀賞 「バドミントンのシャトルの回転が運動に及ぼす影響について」
【ポスター発表】
 最優秀賞「レチノイン酸がプラナリアの頭部再生に及ぼす影響について」
 優秀賞「牛乳パックの廃棄時に有効な折り目の研究」
 優秀賞「レーザー雨量計MARKⅢの製作」
 優良賞「ギター弦の基本振動と含まれる倍音の関係」
 優良賞「和三盆の製法から学ぶ伝統産業の技術と応用」

21:45 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/03/19

京都大学サイエンスフェステバル・ポスターセッション

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
2018/03/17に京都大学でサイエンスフェステバルとポスターシェッションが同時開催されました。
ポスターセッションは今年度が第1回目となります。
本校から県の代表として応用数理科2年が口頭発表1組が和三盆に関する研究、ポスター発表2組がギターの弾く場所による音の変化の解析、雨量計の自作について発表しました。また、応用数理科や普通科の希望者が参観しました。合計生徒20名の参加でした。

10:24 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/03/13

高大連携授業(マウスの実験)

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
◇総合科学研究部 教授 大橋眞 先生
 3/13(火)午後、応用数理科1年生は化学・生物の2分野に分かれて高大連携講座に参加しました。生物の生徒は徳島大学から先生方をお招きして本校生物教室にて「マウスの解剖」実習を行いました。本年度は、普通科からの希望もつのり、合計31名の生徒が参加しました。
 大橋先生のレクチャーの後、実際に班ごとにマウスの解剖を行い、実践的にその技能を学ぶとともに哺乳類の身体の構造について理解を深めました。過去の実習では実習前にギブアップした生徒もいましたが、今年の31名は生物への高い興味関心を持っている生徒が多く、お互いに協力して全員が実習・観察・スケッチに最後までとりくむことができました。
 また、1月にすでに徳島大学で開催された実習に参加した生徒には、アドバンスということで、血球についての講義や胸腺や脾臓のスケッチをさせて頂き、さらなる生命への興味をもったようです。
 生徒からは「マウスの体内をみることを通して生命の不思議を知った」「大切な命を無駄にしてはいけないと思い、積極的に多くを学ぼうと思った」など、新たなことを知った驚きや命について考える機会となったといった旨の感想が寄せられました。
 大橋先生からは、既存の知識を覚えるのではなく、自分で疑問を持ち、行動する姿勢を常に持ち続けてほしいというアドバイスを頂き、生徒たちも真剣に耳を傾けていました。
 長時間に渡り熱心にご指導いただいた大橋先生、実習に一緒にご参加くださりアドバイスをいただいた栗原先生、村本先生に感謝申し上げます。

17:47 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/02/26

課題研究校内口頭発表会の実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
 2月21日(水)午後に応用数理科2年生が課題研究口頭発表会を実施しました。今回は応用数理科1年生も参加し、活発な質疑応答がありました。2年生にとっては課題研究も最終段階となっています。3月21の県SSH発表会、4月8日の四国SSH発表会では更によい発表ができるよう各グループとも最後の追い込みをしています。1年生にとっては、いよいよ課題研究がスタートします。テーマをしっかり決定し、充実した研究が始まることを期待します。


11:07 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/02/19

第2回徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
日時 2018年2月17日(土)13:00~17:00
場所 徳島大学総合科学部(総合科学部3号館東スタジオ)
 本校SSHではミッションの一つとして「地域における科学の中核校」を掲げており、その一環として徳島県の課題研究のレベル向上を図るべく、徳島大学理工学部の全面的なご協力と、徳島県立総合教育センターや徳島県教育委員会のご助力を得て「徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会」を実施しております。
 今回は昨年11月に引き続き第2回目の開催であり、15の研究班が集まりました。事前に参加班が課題研究計画書を作成して徳島大学に送付し、当日にコメントやアドバイスを記入した冊子をいただき研修がスタートしました。
 今年の発表は、昨年度好評であったポスターセッション形式です。参加班をA,B,Cグループに分け、各グループ1時間で5回の発表をします。Aの発表時にはB,Cの生徒が聴衆となり、平行して大学の先生方は2グループに分かれて順に発表ブースを回っていき、その後B,Cと発表を交替していくやり方です。
 大学の先生方には全ての班をまわってアドバイスいただきました。また、県教委・県総合教育センター皆様、引率教員・参加生徒も各班発表の質疑に参加し、おかげさまで非常に活発な研修会となりました。終了後「来て良かった」と感想を漏らす生徒もたくさんいました。今回いただいたアドバイスを今後の課題研究に是非生かしていきます。
 ご協力いただきました徳島大学の先生方・学生さん、県教委・県総合教育センターの皆様、引率の先生方に心から感謝申し上げます。


09:41 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/12/28

第61回日本学生科学賞徳島県審査表彰式

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
平成29年12月27日徳島県教育会館で第61回日本学生科学賞徳島県審査表彰式が行われました。
最優秀賞(知事賞)は、煎茶の劣化防止を目指して(土居・酒井・盛),優秀賞(教育長賞)は、防波堤の形状による波高減少効果について(吉田・永尾・向井・吉田・竹田)と藍染めによる紫外線強度の測定とその表現(寺山・西浦),入賞(市川・早瀬・平岡・黒崎)(木下・清水・福寿)(冨本・披田・美浦)でした。なお、最優秀賞の研究は全国審査では入選2等(20~30位相当)になりました。応募数は県内は40件の研究から、全国は1万件の研究からということでした。最優秀賞の中学・高校各2件については内容の紹介と講評がありました。早めに着いたので少し準備もお手伝いしました。

13:34 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/12/12

夢化学21参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M

徳島大学で行われた日本化学会の中国・四国地区の行事である夢化学21「一日大学院」に科学部化学班が参加しました。班に分かれて、実験をしたり研究室を案内していただきました。化学の日の記念バッジやニホニウム入りの周期表のファイルも頂きました。

18:05 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/12/08

第6回気象観測機器コンテスト

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M

行事名 「第6回 高校・高専『気象観測機器コンテスト』」
場  所  元南極観測船SHIRASE5002オーロラホール(千葉県船橋港)
参加者 応用数理科2年 

林・藤井・真木野「レーザー雨量計~MARKⅢ」

小林・四宮・多田・西村「波高観測機の製作」
日  時 平成291118  

応用数理科2年生で気象に関連する課題研究を行っていた2つの研究班7名が、財団法人WNI気象文化創造センター主催の「第6回高校・高専『気象観測機器コンテスト』」最終審査(ポスターと実機によるプレゼン審査)に、17日金曜夕方から現地入りして参加しました。今年は北海道から鹿児島県まで初参加校も含む17校33チームが最終審査に臨みました。本校は第3回から4年連続で最終審査に進んでいます。
 他校の学校の先生方や生徒たちにポスター発表を行い、専門的な質疑助言から素朴な疑問まで様々な問いが寄せられました。
 今年は残念ながら賞の獲得はなりませんでしたが、生徒にとっては、貴重な経験となりました。また、他校の優れた研究を見ることができたことも生徒にとっては良い刺激となったようで、さらに研究を深めたいという意欲を見せていました。
 WNI気象文化創造センター事務局長の三枝様をはじめ、お世話いただいた皆様に心から感謝申し上げます。
 

 


 


16:31 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/06

徳島県SSH高等学校課題研究及び科学部研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
第一回研修
日時 2017年11月18日(土)13:00~17:00
場所 徳島大学総合科学部(総合科学部3号館東スタジオ)
 本校SSHではミッションの一つとして「地域における科学の中核校」を掲げており、その一環として徳島県の課題研究のレベル向上を図るべく、徳島大学理工学部の全面的なご協力と、徳島県立総合教育センターや徳島県教育委員会のご助力を得て「徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会」を実施しております。当日は2校66名の生徒参加があり、大学の先生7名、徳大生TA9名、総合教育センター3名、教育委員会2名、引率教員6名が指導に当たりました。
 集まった生徒は学校の枠を超え9班に分かれ、TAの皆さんに各班に付いてご指導いただきながら、自己紹介等のアイスブレーキングの後「研究テーマの選び方と研究のすすめ方」について、ブレインストーミングとKJ法によってアイデアをまとめていくという手法を体験的に学びました。研修は3つのパートに分かれ、①当該科目(数学・物理・化学・生物・地学)で興味があること、②分かっていない解明されていないと思われること、③どのようにしたら調べる(明らかにする)ことができるかいう各テーマについて班ごとに活発な話し合いが行われました。
 なお2月17日(土)午後の第2回研修では、各校各研究班で課題研究テーマ・仮説・研究方法・予想される結果などをまとめ、事前提出レポート1枚と当日10分程度のプレゼンにまとめて発表し、大学の先生方からアドバイスをいただくという内容で行う予定です。第1回に参加できなかった学校も参加可能です。この企画が本校だけでなく、県内高校の課題研究の向上に少しでも役立てば幸いです。
  
  
  

14:18 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/11/27

108HR高大連携講座(香川大学・笠先生 第2回)

Tweet ThisSend to Facebook | by:SSH-M
 応用数理科1年生は1学期に引き続き、11月17日(金)午後、香川大学教育学部の笠先生をお招きして、課題研究に関する高大連携授業を行いました。
 はじめに「あなたはよい科学者か?」をテーマに科学者の倫理について考えるアクティビティを行いました。生徒からは活発な質問や意見も出て、今後課題研究を進めるに当たっての意識付けができました。その後実験ノートについてのレクチャーがあり、実験ノートの必要性や実験ノートに書くべきことについて学びました。
 応用数理科1年生は、笠先生の高大連携講座、そして本校と徳島大学が共同開催する、課題研究のテーマ設定を主要な目的とする徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会で学んだことを活用し、自分たちで研究班を形成し課題研究テーマや実験計画などを決めていき、3学期から課題研究を本格的にスタートさせます。
 
 
 

09:06 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 1年生
1234