徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科> 平成28年度 

日誌

平成28年度
12345
2017/03/29

徳島県SSH生徒研究合同発表会の開催

| by:SSH-M
 3月28日(火)にあわぎんホールにて開催された平成28年度徳島県SSH生徒研究合同発表会に,応用数理科1,2年生が参加し,2年生は12の研究班全てが課題研究発表に臨みました。今年は県内5校から39作品が集まりました。あわぎんホールでの開催は一昨年以来で,その時あわぎんホールで発表を行った,現在大学1年生の応用数理科OBたちが会場まで応援に来てくれました。
 午前中に1F大ホールにて開会行事と口頭発表,午後に3F大展示室にてポスター発表,そして1F大ホールにて講演会,表彰式と閉会行事が行われました。なお、ポスター発表会場の本校ブース近くで「世界津波の日 高校生サミット」の報告展示も行いました。審査委員には徳島科学技術高校,脇町高校,本校の各SSH運営指導委員の先生方,徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会の先生方,徳島県高等学校教育研究会理科学会・徳島県教育委員会・徳島県立総合教育センターの先生方の合計25名をお招きしました。また徳島大学大学院医科学教育研究部からお二人にお越しいただき,「RNA研究に魅せられて」(西條早希さん),「科学の道を選ぶということ」(大塚愛理さん)という演題でご講演をいただきました。
 参加生徒は,他校の発表に触れ,審査の先生方からアドバイスをいただき,大いに刺激を受けたようです。またご講演は改めて進路について考える機会となりました。いただいたアドバイスは研究の最終的なまとめに生かしていきます
 さて今回発表で使用した課題研究ポスターは,修正や追加実験を経て,4月8日(土)に高松市立高松第一高校で開催される四国地区SSH生徒研究発表会に持参して研究発表を行います。
 → 0328本校審査結果
大ホール口頭発表
口頭発表口頭発表
口頭発表口頭発表
口頭発表口頭発表
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表世界津波の日 高校生サミット報告
口頭発表の部 優秀賞口頭発表の部 優良賞
ポスター発表の部 県最優秀賞ポスター発表の部 優秀賞
ポスター発表の部 優良賞ポスター発表の部 奨励賞

06:00 | 共通
2017/03/22

応用数理科1年 高大連携講座 (徳島大学常三島キャンパス)

| by:SSH-M
◇理工学研究部 教授 安澤幹人 先生 ・ 助教 倉科昌 先生
 総合科学研究部 南川慶二 先生
 3/21(火)午後、応用数理科1年生は化学・生物の2分野に分かれて高大連携講座に参加しました。化学の生徒は徳島大学常三島キャンパスにお邪魔して実験実習をさせていただきました。
 「高分子凝集剤を用いた水質浄化」「超親水性・超撥水性表面」「プラスチックの性質」の3つの内容での実験実習でした。身近なところに潜む化学の不思議さや身の回りで利用されている化学反応や化学素材に気づき、興味関心を高めるとともに、楽しみながら化学に対する理解を深めることができました。
 長時間にわたり熱心にご指導いただいた先生方に深く感謝申し上げます。
化学分野化学分野
化学分野化学分野
化学分野化学分野

13:00 | 1年生
2017/03/22

応用数理科1年 高大連携講座 (徳島大学大学院総合科学研究部)

| by:SSH-M
◇総合科学研究部 教授 大橋眞 先生 ・ 渡部稔 先生
 3/21(火)午後、応用数理科1年生は化学・生物の2分野に分かれて高大連携講座に参加しました。生物の生徒は徳島大学から先生方をお招きして本校生物教室にて「マウスの解剖」実習を行いました。
 大橋先生のレクチャーの後、実際にペアワークでマウスの解剖を行い、実践的にその技能を学ぶとともに哺乳類の身体の構造について理解を深めました。過去の実習では実習前にギブアップした生徒もいましたが、今年の18名は生物への高い興味関心や、医学部等医療系および獣医師などへの進路希望を持っている生徒が多く、ちょっと涙目の女子を男子がペアとなってフォローする場面もありましたが、お互いに協力して全員が実習・観察・スケッチに最後までとりくむことができました。
 生徒からは「教科書や図表だけではわからなかったことが理解できた」「マウスが99%人間と同じだということを知って驚いた」「大切な命を無駄にしてはいけないと思い、積極的に多くを学ぼうと思った」「命が失われることに悲しさを感じたが、今の医学の進歩は動物たちの命のおかげだということを改めて実感した」など、新たなことを知った驚きや命について考える機会となったといった旨の感想が寄せられました。
 熱心にご指導いただいた大橋先生、渡部先生、実習に一緒にご参加くださりアドバイスをいただいた栗原先生、村本先生、パオ先生に感謝申し上げます。
マウスの解剖マウスの解剖
マウスの解剖マウスの解剖
マウスの解剖マウスの解剖

09:00 | 1年生
2017/03/20

京都大学サイエンスフェスティバル2016報告

| by:SSH-M
行事名 京都大学 高大連携事業「京都大学サイエンスフェスティバル2016」
日時  3月18日(土)10:00~17:30
場所  京都大学百周年記念ホール
参加者 「防波堤の形状による津波の高さの減少効果についての研究」班
     応用数理科2年 永尾・向井・吉田・吉田・竹田
     (観覧:応用数理科2年 福壽・山本・寺内・披田 / 応用数理科1年 沖野・炭田・林・森)
     
 京都大学は、文部科学省のスーパーグローバル大学、また科学技術振興機構の次世代人材育成事業「スーパーグローバルサイエンスキャンパス」に採択されています。そして高大接続科学教育を研究開発するための取り組みの一環として、京都大学吉田キャンパスにて「京都大学サイエンスフェスティバル2016」が開催されました。
 最初に山極壽一総長の基調講演があり、高校と大学の学びの違いや科学の発展のプロセス、ご自身の霊長類研究を基にした研究することの意義や研究者としての心構えなど、わかりやすく情熱的にお話しくださいました。そして基調講演の後、京都大学と連携協定を結ぶ13の都府県・市から代表校12本(徳島は徳島県と徳島市で1枠)の発表が行われ、徳島県からは本校が代表校として15分間の口頭発表+京大の先生方の講評および京大の先生方や会場からの質疑応答に臨みました。現在、京都大学在学中の応用数理科OB、片岡さんも観覧・応援に駆けつけてくれました。ありがとうございました。本校発表に対しては、京都大学理学部海洋物理学研究室の根田昌典先生がご講評くださるなど、12本の発表内容に対応した先生方がご講評・ご助言にお越しくださっていました。
 京大の先生方のご助言、そして他県の優れた研究に触れ、発表した生徒や観覧した生徒には大いに刺激となったようです。貴重な機会を与えてくださった京都大学の皆様、そして今回の参加でご支援くださった徳島県教育委員会の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
百周年時計台記念館前にて会場前のベンチで発表リハ
開会直前の発表者席発表中
発表中発表中
発表中発表中
発表中発表に対する質問
応答山極総長のご講評
発表を終えて発表を終えて

17:23 | 2年生
2017/02/21

第2回徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会の開催

| by:SSH-M
日時 2017年2月18日(土)13:00~17:00
場所 徳島大学総合科学部(総合科学部3号館東スタジオ)
 本校SSHではミッションの一つとして「地域における科学の中核校」を掲げており、その一環として徳島県の課題研究のレベル向上を図るべく、徳島大学総合科学部の全面的なご協力と、徳島県立総合教育センターや徳島県教育委員会のご助力を得て「徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会」を実施しております。
 昨年11月に引き続き第2回目の研修を企画しましたところ、本校と合わせて3校23の研究班が集結しました。事前に参加班が課題研究計画書を作成して徳島大学に送付し、当日にコメントやアドバイスを記入した冊子をいただきました。
 今年の発表は、昨年までの一班ずつPowerPointを用いた簡単なプレゼンを披露し、会場から質疑応答・助言等をいただく、という方式から、ポスターセッション形式に大幅変更しました。参加班をA,B,Cグループに分け、1時間弱のAの発表時にはB,Cの生徒が聴衆となり、平行して大学の先生方は2グループに分かれて順に発表ブースを回っていき、その後B,Cと発表を交替していく、というやり方です。
 例年までの形式では大学の先生の質疑・アドバイスが中心となり、大学の先生や発表者への遠慮の為か生徒からの質問は少なかったのですが、今回コンパクトなポスター発表にした結果、生徒同士の質疑応答の応酬が活発になりました。また大学の先生方には休みなく全ての班を回ってアドバイスいただきました。ご助言の先生方にはご負担をお掛けしましたが、おかげさまで非常に活発な研修会となりました。今回いただいたアドバイスを今後の課題研究に是非生かしたいと思います。
 ご協力いただきました徳島大学の先生方・学生さん、県教委・県総教センターの皆様、引率の先生方に心から感謝申し上げます。
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会
今回、物・化・生・地・数各分野7名の先生方がご参加くださいました。
第2回研修会
その他、県総教センター、県教委の先生方もご助言くださいました。
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会
第2回研修会第2回研修会

12:35 | 1年生
2017/02/16

防災避難訓練時の生徒発表

| by:SSH-M
 平成29年2月16日(木)午後、防災避難訓練(地震・津波)を行いました。校舎4階への避難を行った後、体育館2階アリーナに移動し、校長先生の訓練講評の後、「世界津波の日 高校生サミット」報告会を、参加した生徒6名(応用数理科2年:市川,平岡大空,木原,竹田,冨本, 披田)と引率教員による座談会形式で行いました。報告中には、現地で行った英語プレゼンも披露しました。
 こういう機会を与えてくださった環境防災課、座談会をお聞きくださった皆さんに感謝申し上げます。校内の防災意識向上に役立てば幸いです。
高校生サミット報告学校長講評
高校生サミット報告高校生サミット報告
高校生サミット報告分科会発表再現
分科会発表再現高校生サミット報告

18:54 | 2年生
2017/02/16

課題研究等生徒発表会(口頭・ポスター)

| by:SSH-M

 平成29年2月15日(水)午後、本校SSH運営指導委員の先生方、科学技術振興機構(JST)から宮﨑主任調査員様、徳島県教育委員会および徳島県立総合教育センターの先生方をお招きして、本校の第2回SSH運営指導委員会を開催しました。
 今年度の取組・成果・課題や今後の計画等についての説明と協議・助言に先立ち、生徒による課題研究等の発表会を行いました。
☆生徒発表
(1)口頭発表:課題研究(応用数理科2年生:4件),SSHアメリカ研修報告(応用数理科1年生)
(2)ポスター発表:課題研究(応用数理科2年生:12件),SSHアメリカ研修報告(応用数理科1年生)
※(2)には普通科2年生3クラスも観覧者として参加→普通科の皆さんにも応用数理科課題研究について知っていただく好機となりました。
 ご参加いただいた皆様のご意見・ご助言は今後の課題研究の進展向上やSSHの取組にぜひ生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

課題研究口頭発表課題研究口頭発表
課題研究口頭発表課題研究口頭発表
SSHアメリカ研修報告課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表課題研究ポスター発表
課題研究ポスター発表SSHアメリカ研修報告



18:45 | 共通
2017/02/03

四県対抗しこクイズ

| by:SSH-M
日時 2017年2月3日(金)19:30~20:43
場所 NHK松山放送局

 2月3日(金)19:30~20:43、四県対抗「しこクイズ」がNHK松山放送局で開催されました。今回は「科学系高校対決」で四国からスーパーサイエンスハイスクール4校が集まって対戦でした。本校からは応用数理科2年生8名(永尾・向井・山本・吉田陸・木原・披田・土居・古田)が参加し、司会はフルーツポンチのお二人、城南高校の団長はじゅんいちダビッドソンさんです。16:30からリハーサルが始まりましたが、生放送ということで生徒たちは大変緊張している様子でした。いよいよ19:30から生放送、クイズの内容は、各県の科学技術に関するもの、出場校にまつわるもの、でんじろうさんからの科学実験などです。生徒たちも協力しながら正答を導き出し、城南高校を応援する視聴者の正答率にも後押しされ優勝争いを繰り広げましたが、最後の早押しクイズで一問及ばす第3位という結果となりました。このような貴重な機会を与えていただきましたNHK松山放送局のみなさんに感謝申し上げます。城南高校を応援してくださったみなさん、ありがとうございました。なお、再放送は(来日していたマティス国防長官の記者会見のため)2月11日(土)10:05~11:18に変更になっています。
2
34
56

17:54
2017/01/29

物理チャレンジ講習会

| by:SSH-M
日時 2017年1月29日(日)10:00~16:00
場所 徳島県立総合教育センター(310研修室)

「物理チャレンジ」「国際物理オリンピック」挑戦者のための講習会が徳島県立総合教育センター310研修室で実施され、県下から23名の生徒が集まりました。本校からは応用数理科・科学部より希望者3名が参加し、午前は物理オリンピック日本委員会の原田勲先生から「物理チャレンジと国際物理オリンピック」「物理への誘い」「実験レポートの書き方」と題して、物理チャレンジの実験課題や科学オリンピック参加の意義、身近な物理現象を用いたクイズ、良い実験レポートの書き方や実験レポートの評価の観点などについて講義・演習をしていただきました。午後は物理オリンピック日本委員会味野道信先生から「光の波動性に関する実験」と題してご指導をいただきました。光の性質についての説明をお聞きした後、生徒たちは物理チャレンジ2010実験問題について精度を高める工夫をしながら、実験に取り組みました。ご教授いただきました先生方やお手伝いいただい研修センターの皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます。
 12
 34
 56

18:20
2017/01/24

英語による課題研究校内中間発表会の実施

| by:SSH-M
 応用数理科2年生は1月18日(水)午後にScience EnglishⅡの一環として、英語による課題研究の中間発表会を実施しました。行事日程の関係で昨年より一ヶ月以上早い実施、そして先週は、2月3日(金)夜に放送予定のNHK「四県対抗 しこクイズ~『スーパーサイエンスハイスクール』対決」の事前取材もあり、かなり時間的に厳しい中、英語科・理科の先生方やTravis先生、Matt先生のご指導を仰ぎながら、12班全てが各班の課題研究の英語での発表にこぎ着けました。みんなよく頑張ったと思います。貴重な経験を普段の英語の授業にも生かして欲しいですね。なお今後のSEⅡの授業は、課題研究の進展と平行して、まずは論文の英語Abstractの作成に移行します。
K-soundroom
SeaweedWi-Fi
AshesShiso
ER-RoadHygrometer
Quality-GTST-Balls
A&Sroom
UVTunami
adviceadvice
adviceadvice

15:40 | 2年生
12345