徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科> 平成27年度 

応用数理科

平成27年度 活動の様子
1234
2016/03/31

徳島県SSH生徒研究合同発表会の開催

| by:SSH-M
 3月29日(火)に徳島市立高校あしかびホールにて開催された平成27年度徳島県SSH生徒研究合同発表会に,応用数理科1,2年生が参加しました。昨年に引き続き,本校生徒が発表会運営を務め,2年生は発表,1年生は発表会運営(準備・受付・司会・会場係など)を行いました。本校SSH「地域における科学の中核校」ミッションの一環です。県内8校から47作品が集まりました。
 午前中に開会行事と口頭発表,午後にポスター発表と講演会,表彰式と閉会行事が行われました。審査委員には脇町高校,徳島科学技術高校,本校の各SSH運営指導委員の先生方,徳島県高等学校課題研究および科学部研究研修会の先生方,徳島県および徳島市教育委員会と連携協定を結んでいる京都大学の先生,徳島県高等学校教育研究会理科学会・徳島県教育委員会・徳島県立総合教育センターの先生方の合計25名をお招きしました。また京都大学から大学院生お二人にお越しいただき,「研究者への道のり~未知なる世界に惹かれ続けて~」(山方優子さん),「研究生活の過ごし方~探求の魅力と心構え~」(星野 光さん)という演題でご講演をいただきました。
 参加生徒は,他校の発表に触れ,審査の先生方からアドバイスをいただき,大いに刺激を受けたようです。いただいたアドバイスは研究の最終的なまとめに生かしていきます。徳島市立高校さんには会場をご提供いただき,感謝申し上げます。
 さて今回発表で使用した課題研究ポスターは,早速4月9日(土)に愛媛県立松山南高校で開催される四国地区SSH生徒研究発表会に持参することになります。
 → 0329本校審査結果
口頭発表本校1年生 司会等
会場の様子口頭発表
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表ポスター発表
講演会表彰

23:59 | 共通
2016/03/02

英語による課題研究校内発表会の実施

| by:SSH-M
 応用数理科2年生は3月2日(水)午後にScience EnglishⅡevaluation として、英語による課題研究発表会を実施しました。Science EnglishⅡや課題研究の授業中、さらに放課後にも英語科・理科の先生方やCharles先生、Travis先生のご指導を仰ぎながら、13班全てが各班の課題研究の英語での発表にこぎ着けました。時間が限られる中でしたが、みんなよく頑張ったと思います。貴重な経験を普段の英語の授業にも生かして欲しいですね。
英語発表英語発表
英語発表英語発表
英語発表英語発表
英語発表comments

21:32 | 2年生
2016/02/28

Science English Ⅰ発表会の実施

| by:SSH-M
 応用数理科1年生は2月26日(金)午後にEnglish oral presentation evaluation test に臨みました。学校設定科目のScience English Ⅰで学んできたことを活用し、各自が興味のある事柄について調べ学習してきた内容を、英語でPowerPointのプレゼンテーションにまとめ、発表を行いました。来年度はScience English Ⅱでさらにプレゼンの能力を高め、課題研究の英語発表等に生かしていきます。
SEⅠ(1年生)SEⅠ(1年生)
SEⅠ(1年生)SEⅠ(1年生)
SEⅠ(1年生)SEⅠ(1年生)
SEⅠ(1年生)SEⅠ(1年生)

17:19 | 1年生
2016/02/28

生徒課題研究校内口頭発表会の実施

| by:SSH-M
 先日のポスター発表に続き、2月25日(水)午後に応用数理科2年生が課題研究口頭発表会を実施しました。発表の一部は普通科の生徒にも見てもらいました。課題研究も最終段階となり、今後は研究活動と平行してポスターや口頭プレゼン、英語発表、論文など様々な形で研究内容を表現する取組を進めていくことになります。
口頭発表口頭発表
口頭発表 口頭発表
口頭発表口頭発表 

17:17 | 2年生
2016/02/28

生徒課題研究校内ポスター発表会の開催

| by:SSH-M
 2月15日(月)の午後、本校第2回SSH運営指導委員会を兼ねる形で、応用数理科2年生による課題研究校内ポスター発表会を開催しました。なおポスター発表会の前には、参加者代表1年生による今年1月に行われたSSHアメリカ研修の報告が行われました。ポスター発表では本校SSH運営指導委員の先生方、徳島県教育委員会および徳島県立総合教育センターの先生方にお越しいただき、生徒の課題研究や本校のSSH事業運営全般について、様々なご意見やご助言を賜りました。参加した1年生にもいろいろ参考になったようです。いただいたご意見・ご助言は今後の研究のまとめに生かしていきたいと思います。
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表ポスター発表
ポスター発表ポスター発表

17:15 | 共通
2016/02/28

107HR高大連携講座(香川大学・笠先生・第2回目)

| by:SSH-M
 応用数理科1年生は、2月12日(金)午後、香川大学教育学部の笠先生をお招きして、課題研究に関する2回シリーズ後半の高大連携授業を行いました。「良い科学者になるには/研究倫理について」「実験ノートについて」「観察・仮説・検証の基本」といった内容で、講義と質問、配布されたワークシートを用いたアクティビティ、そしてご用意くださった実験実習を通して、課題研究の基礎となる内容を学びました。応用数理科1年生は、笠先生の6月の講座と今回の講座、徳島大学での研修など、様々な経験を積んできました。それらを糧に、今年度中には各自で課題研究のテーマや目的・計画などを決定し、2年次には本格的に課題研究に取り組んでいくことになります。
高大連携講座高大連携講座
高大連携講座高大連携講座
高大連携講座高大連携講座

17:11 | 1年生
2016/02/27

「SSH『国際化』発表会」で優秀賞をいただきました

| by:SSH-M
 先日、岡山県の金光学園中学・高等学校で開催された、SSH交流会支援事業「SSHにおける『国際化』の取組についての発表会」の英語課題研究ポスター発表会に、本校から2チームがエントリーしていましたが、「Effect of Turbine Blade Number and Angle on Wind Generator Efficiency」のポスターが、参加者からの評価用紙の集計をもとにした上位16グループに与えられる優秀賞をいただきました。ご指導くださった理科・英語科・Wood先生・Travis先生に感謝申し上げます。
優秀賞賞状
08:48 | 2年生
2016/02/22

物理チャレンジ講習会参加

| by:SSH-M

日時 2016年2月21日(日)10:00~16:00
場所 徳島大学総合科学部(総合科学部3号館共通教育実験室)
「物理チャレンジ」「国際物理オリンピック」挑戦者のための講習会が徳島大学総合科学部で実施され、県下から31名の生徒が集まりました。本校からは応用数理科・科学部より希望者3名が参加し、午前は久田旭彦先生から「物理学入門」と題して、運動方程式を中心とする講義・演習をしていただきました。午後は小山晋之先生から「実験課題レポートのまとめ方」と題して、斜面上での加速度測定実験をご指導いただき、実験データの取り方やまとめ方を学びました。ご教授いただきました先生方やお手伝いいただい徳島大学の学生の皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます。
  
  
  

14:56 | 1年生
2016/02/22

第2回徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会の開催

| by:SSH-M
第2回研修
日時 2016年2月20日(土)13:00~17:00
場所 徳島大学総合科学部(総合科学部3号館東スタジオ)
 本校SSHではミッションの一つとして「地域における科学の中核校」を掲げており、その一環として徳島県の課題研究のレベル向上を図るべく、徳島大学総合科学部の全面的なご協力と、徳島県立総合教育センターや徳島県教育委員会のご助力を得て「徳島県SSH高等学校課題研究および科学部研究研修会」を実施しております。
 昨年11月に引き続き第2回目の研修を企画しましたところ、徳島市立高校理数科1年生1クラス12研究班のご参加をいただき、本校13班と合わせて25の研究班が集結しました。事前に参加25班が課題研究計画書を作成して徳島大学に送付し、当日はPowerPointによる簡単なプレゼンを行いました。計画書に対するコメントと合わせて、当日発表の各班プレゼンに対して、大学の先生方から質疑や有益な助言をいただくことができました。概ね計画書の方向で大丈夫そうな班から、根幹部分から見直しが必要な班まで様々でした。ほとんどの生徒は、大学の先生や他の生徒の前で発表を行うのは初めてで、良い経験になったようです。質疑の中で、研究目的や調べようとするデータ(変数)の定義が不明瞭だったり、予備実験や先行研究調査が不十分など、問題点が浮き彫りになった班は、指摘された問題点を解消して、今後の研究に生かして欲しいところです。
 研修会の後、希望する生徒に対して、久田先生がマイスナー効果など物理系の実験をいろいろ披露してくださいました。
 最後となりましたが、ご協力いただきました徳島大学の先生方・学生さん、県教委・県総教センターの皆様、引率の先生方に心から感謝申し上げます。
会場の様子三好先生(化学:有機化学)
石田先生(地球科学:地質学)小山先生(物理:固体物性)
佐藤先生(生物:生化学)渡部先生(生物:分子生物学)
久田先生(物理:固体物性)発表
質疑応答久田先生物理実験

09:17 | 1年生
2016/02/22

高大連携講座(数学)

| by:SSH-M
今年度も平成27年12月11日(金)に鳴門教育大学の成川公昭先生,松岡隆先生が講師として来校してくださり,数学の高大連携講座を開催しました。

 応用数理科2年生は成川先生により「IsoperimetricproblemIsoparametric problem」の講義を受けました。Isoperimetric problemとは等周問題を意味しています。「周が一定の領域で面積が最大になる図形」について,具体例を交えて考察し,円であることに気づかされました。図形に対する直感的な見方だけでなく論理的に考察することの大切さに触れることができ,生徒たちは意欲的な姿勢で内容の理解に努めました。また,Isoparametric problemとは等周・等積問題(造語)を意味しています。「周の長さが同じ,面積が同じになる図形」について,既習図形の求積公式と等積変形の考えをもとに生徒同士が意見を交わす姿が見られました。長方形と二等辺三角形や長方形と扇型など見つけることが出来,数学的な活動の面白さを体験できました。

 応用数理科1年生は松岡先生による「図形の対称性と立体万華鏡」と題し,正多面体が見える立体万華鏡作りに挑戦しました。具体的には,対称性と立体万華鏡の仕組みについての講義を受けた後,正二十面体が見える立体万華鏡の制作に取りかかりました。難しい内容でしたが,生徒は積極的に取り組みました。はじめの説明ではわからなかったことも,制作を通じて数学的な見方や考え方ができるようになり,数学を楽しむことができました。また,正二十面体以外の正多面体が見える立体万華鏡のサンプルには好奇心をかき立てられたようでした。

 成川先生,松岡先生,そしてお手伝いいただいた鳴門教育大学の院生の方,本当にありがとうございました。

 

講義の様子「図形の対称性と立体万華鏡」


 

 


08:26
1234