徳島県立城南高等学校
 
トップページ > 応用数理科> 平成23年度 

応用数理科

平成23年度 活動の様子
12
2011/11/19

徳島県立博物館現地研修

| by:SSH-M
 応用数理科108HRは11月16日(水)に本校の近くにある徳島県立博物館で現地研修を行いました。
 今回の研修では企画展「描かれた地震」を見学させていただきました。今回の企画展は、安政江戸地震の後に大流行した風刺画である「鯰絵」の貴重な実物をメインに、地震や震災、断層地形等に関する様々なパネル、兵庫県南部地震で出現した野島断層の断面はぎ取り標本や断層による破砕帯で特徴的な岩石の標本などで構成されていました。
 研修では、企画展担当の中尾賢一先生からお話を伺い、質疑応答にお答えいただきました。中尾先生によると、標本など形のあるものを展示する博物館において、企画展に実体のない「地震」を取り上げるのは大変珍しいそうです。また、今回の企画展は一年以上前から準備を進めていたそうで、東日本大震災の後の開催となったのは偶然だそうです。ちなみに会場には東日本大震災に関する特設コーナーが設けられ、津波で泥と海水に埋もれた陸前高田市の博物館の植物標本を徳島県立博物館で修復したもの等が展示されていました。生徒は中尾先生から展示内容について一通りレクチャーを受けた後、各自で会場を回り、見学した内容をワークシートにまとめていきました。中尾先生は会場で個別に補足説明をしていただいたり、質疑にお答えいただいたりしました。今回の現地研修で、地震や防災に関する知識や意識を高めることができました。
 なお、この見学に際して、中尾先生から様々なご教授を賜り、また授業での利用ということで博物館より観覧料の免除を賜りました。さらに会場での記録写真の撮影もご許可いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
博物館研修 博物館研修 
博物館研修 博物館研修 
博物館研修 博物館研修 
博物館研修 博物館研修 

22:47 | 投票する | 投票数(5) | 1年生
2011/11/13

徳島大学出張講義「ニュートリノの世界 素粒子物理学の最前線」

| by:SSH-M
 11月2日(水)、応用数理科108HR40名が、徳島大学総合科学部の伏見賢一先生をお迎えして、「ニュートリノの世界 素粒子物理学の最前線」というテーマの講義を受講しました。高校では陽子よりも小さな“素粒子”について詳しくは扱いません。今回の講義は、大学での講義を少しだけ垣間見せてくれるものでした。
 まず素粒子物理学の黎明期から現在までの大まかな流れと加速器や各種検出器の発達の歴史、そして反物質やクォークに関する内容では、2008年のノーベル物理学賞の対象となった小林・益川理論や“対称性の破れ”についてもお話がありました。
 そしてニュートリノについて、素粒子としての基本的な話から、ニュートリノの観測方法(カミオカンデ他)、超新星1987Aとノーベル賞、天文学上の謎とされてきた太陽ニュートリノ問題を解決したニュートリノ振動の観測、最近話題となった“光速を越えるニュートリノ”の話題まで、詳しいお話がありました。
 そして最後に伏見先生が挑戦している研究(宇宙暗黒物質/理論的に存在が予想される未発見の素粒子の観測)や研究者に必要な資質、高校時代に何を学び、どう過ごすべきか、さらに就職氷河期の中でも物理系の学生に対する企業のニーズは高く、就職率が非常に高いといったこともお話しくださいました。
 講義を聴いた生徒は、科学全般や物理学・天文学、大学での学びなどに大いに興味関心をかきたてられたようでした。
伏見先生講義 伏見先生講義 
伏見先生講義伏見先生講義

21:49 | 投票する | 投票数(5)
2011/11/07

「活断層と地震」講義および現地研修

| by:SSH-M
 10月に高大連携講座として「活断層と地震」と題した講義と現地研修を実施しました。講師は徳島大学の村田明広先生です。18日(火)に本校で行われた講義では、まず東日本大震災について、先生ご自身が現地入りして調査を行った時の写真を用いて、巨大地震と大津波の被害状況等に関するお話をお聞きしました。それから私たちが直面する南海地震について、発生のメカニズムや地震および津波の被害予想、中央構造線活断層および兵庫県南部地震について詳しくお話しいただきました。そして25日(火)には、応用数理科2年生全員で貸し切りバスにて淡路島まで行き、北淡震災記念公園等で校外研修を行いました。行きのバスの中では中央構造線や淡路島の活断層地形などについて、また北淡震災記念公園では、活断層露頭や震災に遭った住宅などを見学しながら先生にご説明をいただきました。そして明石海峡大橋の下では、断層運動によって巨大な橋脚が1m以上ずれたというお話しをお聞きしました。
野島断層 野島断層 
野島断層 野島断層 
野島断層 野島断層 
野島断層 野島断層 

17:30 | 投票する | 投票数(1) | 2年生
2011/08/24

平成23年度SSH生徒研究発表会報告

| by:SSH-M
 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の生徒が課題研究の成果を発表する「平成23年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」が、8月11日(木)、12日(金)の2日間の日程で、文部科学省及び(独)科学技術振興機構(JST)の主催により神戸国際展示場(ポートアイランド)において開催されました。来場者は、SSH 指定校を代表しての参加者(生徒・教員)のほか一般の方を含めて2千人を超えます。なお、例年は横浜で開催されますが、東日本大震災と原発事故の影響で電力受給の逼迫する今夏に、東京電力管内で大規模な大会を開くのが難しいと予想されたため、今年は西日本での開催となったそうです。
 本校からは応用数理科3年の武田君、中野君、六鹿君が「紙の落下の不思議」というテーマでポスター発表の部に参加しました。
 本校は前日10日に、高速バスとポートライナーを乗り継いで現地入りし、ポスター発表のブースセッティングとポスター発表リハを行いました。
 そして研究会1日目午前は,大阪大学免疫学フロンティア研究センター拠点長の審良静男先生の記念講演の後,指定3年目の平成21年度指定校9校と公募で選ばれた9校、中国・台湾・タイの招待校から3校の合計21校の生徒が6つの分科会に分かれて口頭発表を行いました。午後には4時間ぶっ通しで、SSH134校と海外招待校9校によるポスター発表が行われました。本校生徒もブースを訪れる他校の生徒、高校や大学の先生方、一般見学者を相手に、ポスターや動画を使いながら3人で協力して一生懸命実験内容の説明をしました。そしてポスター発表の後、口頭発表代表発表校3校の選出がありました。
 研究会2日目には,メイン会場で代表発表校3校が口頭発表を行った後,引き続きポスター発表が行われました。そして閉会全体会で講評、そして表彰が行われ、口頭発表校に文部科学大臣賞と科学技術振興機構理事長賞、ポスター発表校にポスター発表賞が授与されました。本校はポスター発表賞の獲得はなりませんでしたが、参加した3人にとっては、他校の優れた研究と発表の様子を知り、自らも研究内容を発表した今回の経験は、本当に貴重で今後に生かせるものとなったようです。

☆前日(ブース設営・発表リハ)
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸  SSH神戸
☆1日目
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 
☆2日目
SSH神戸 SSH神戸 
SSH神戸 SSH神戸 

18:02 | 投票する | 投票数(5) | 3年生
2011/08/11

第13回中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会 参加報告

| by:SSH-M
 8月9日(火),10日(水)の2日間,鳥取市とりぎん文化会館で行われた,第13回中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会(中国・四国・九州地区理数科高等学校長協会主催)に参加してきました。参加したのは,応用数理科3年生の上野・佐々木班「反発係数によるゲルの強度」と,河野・森・山中班「愛媛AIによる水質浄化」の2班でした。
 成績は,ステージ発表では優良賞,ポスター発表では奨励賞となりました。
16:00 | 投票する | 投票数(1) | 3年生
2011/08/07

化石採集フィールドワーク

| by:SSH-M

実施日:2011年8月5日(金)
採集地:那賀郡那賀町(臼ヶ谷層・中生代三畳紀中期)

 応用数理科では1年生の夏休み中に、徳島化石研究会会長の鎌田誠一先生を講師にお招きして、化石採集のフィールドワークを実施しています。今年のフィールドは、平成19年夏に行った坂州木頭川沿いの露頭です。前回行ったときは昼過ぎから雷雨に見舞われ、フィールドワーク開始から1時間ほどで撤退を余儀なくされてしまいました。そして今年も目的地のある県南部では曇り時々雨という予報でした。しかし現地では、わずかに弱い雨に見舞われた程度で、概ね天候に恵まれた上、今回のターゲットであった二枚貝のダオネラを比較的豊富に含む泥岩層を発見して多数の化石を採集し、前回の雪辱を果たすことができました。今回採集したダオネラは、約2億3500万年前に浅海で埋没したもので、発掘作業はその壮大な時間を封印したタイムカプセルを開けるというロマンを感じさせてくれました。
 また今回は化石採集に加えて、今年2月に国の天然記念物に指定されたばかりの「坂州不整合」(檜曽根層群:古生代ペルム紀後期の付加体/寒谷層:中生代三畳紀後期)の露頭や、枕状溶岩なども見学でき、大変有意義なフィールドワークとなりました。
 現地でご指導いただいた鎌田先生、そして資料をご提供くださった徳島県立博物館の辻野泰之先生に厚く御礼申し上げます。
鎌田誠一古代ロマン博物館→http://www7b.biglobe.ne.jp/~fossil-kamada/

化石採集 化石採集 
化石採集 化石採集 
化石採集  化石採集
化石採集 化石採集
ハゼ科のヌマチチブ(もちろん化石ではない) 
化石採集
正面木立の下が「坂州不整合」露頭 
化石採集 



23:29 | 投票する | 投票数(5)
2011/08/07

応用数理科1年生県外研修~新日鐵広畑製鐵所・甲南大学

| by:SSH-M
 応用数理科108HRは8月4日に、午前中は新日本製鐵広畑製鐵所、午後は甲南大学フロンティアサイエンス学部にて県外研修を行いました。
新日本製鐵株式会社広畑製鐵所(姫路市)
 現在の新日鐵広畑製鐵所には鉄鉱石から銑鉄をつくる高炉はありませんが、鉄スクラップなどの冷鉄源から様々な用途の薄板鋼板を生産しています。また日本国内で年間約百万トン発生する古タイヤのうち、6万トンを溶解炉の熱源や鉄源に、同じく6万トンを熱分解してガスや油、鉄ワイヤーなどに分離して再資源化するなど、日本の資源リサイクルの一大拠点となっているそうです。
 見学センターで広畑製鐵所に関する概況説明とビデオ上映のあと、熱中症予防にスポーツドリンクを飲ませていただき、作業服とヘルメットを着用して、バスで製鐵所敷地と熱延ラインの見学に行きました。甲子園球場152個分という広大な敷地には製鉄関係施設や線路、そして植林から約40年という広大な森がありました。見学の目玉である熱延ラインは幸い稼働中で、バスから降りて施設内部に入り、加熱炉で1200℃に熱せられた鋼材(スラブ)が高速で圧延機に送られ、あっという間に薄板を丸めた熱延コイルに仕上げられていく様子を見ることができました。赤熱したスラブの放つ強烈な赤外線を肌で実感しました。
 ご案内いただきました広畑製鐵所OBの中村さん・磯部さん、新入社員の橋爪さん・藤田さんに、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
新日鐵 新日鐵 
 新日鐵 新日鐵
新日鐵  新日鐵
新日鐵  
見学センター以外撮影禁止のため会社パンフより抜粋
新日鐵パンフ抜粋
新日鐵  新日鐵

甲南大学フロンティアサイエンス学部生命化学科(神戸市中央区)
 甲南大学フロンティアサイエンス学部生命化学科では、有機合成化学がご専門の村嶋貴之先生と、6人の学部生の皆さんのご指導の下、「多様な色を示すアゾ色素を合成する」というテーマで、二人一班で班ごとに異なるアゾ色素の合成実験を行いました。そして各班で合成したアゾ色素と、比較用に村嶋先生が事前に合成してくださっていたアゾ色素の2種類を、pH1~12の水溶液に加え、色の変化を比較観察しました。なお実験途中に、合成したアゾ色素を濾取する時間を利用して、キャンパス内の様々な施設設備のご案内もいただきました。
 ご指導くださった村嶋先生を初め、お世話をいただいた学生や事務室の皆さんに、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
甲南大学 甲南大学 
甲南大学 甲南大学 
甲南大学 甲南大学 
甲南大学 甲南大学 
甲南大学 甲南大学 
甲南大学 甲南大学 
甲南大学
地球儀の内部が図書館になっていました 
甲南大学
世界最速のスパコン「京」が入る理研ビルが隣接 

16:48 | 投票する | 投票数(2)
2011/07/23

園瀬川総合科学調査

| by:SSH-M
 7月13日(水)午後、応用数理科1年生31名で、毎年行っている園瀬川の総合科学調査を行いました。前日12日の午前中、徳島市周辺は激しい雨と雷に見舞われ、調査の実施が危ぶまれましたが、下見に行ったところ幸い川の水量増加は小さく、予定通り実施できました。
 参加生徒は上流・中流・下流に分かれ、それぞれの地点で水温・流速の計測、水生昆虫の採集、パックテストによる6種類の化学分析(pH、COD、アンモニア、亜硝酸、硝酸、リン酸)を行いました。
園瀬川総合科学調査    園瀬川総合科学調査 
園瀬川総合科学調査園瀬川総合科学調査 
 園瀬川総合科学調査園瀬川総合科学調査 

園瀬川総合科学調査 

園瀬川総合科学調査 園瀬川総合科学調査 
園瀬川総合科学調査 園瀬川総合科学調査 
園瀬川総合科学調査 園瀬川総合科学調査 

21:55 | 投票する | 投票数(6)
2011/06/21

108HR高大連携授業(徳島文理大学薬学部)

| by:SSH-M
 応用数理科1年生は、6月15日(水)午後、徳島文理大学薬学部薬品化学研究室にお邪魔して高大連携授業に参加させていただきました。
 「薄層クロマトグラフィーを使って成分を調べてみよう!」をテーマに、角田先生や加来先生の講義をお聞きした後、油性マジックの色素の分析、唐辛子や胡椒に含まれる辛み成分(カプサイシン・ピペリン)の分析、実験室で合成した解熱鎮痛成分アセトアミノフェンと市販の解熱鎮痛薬の成分比較といった実験に取り組みました。実験に際してはクラスを8班に分け、各班に薬品化学研究室の先生方や学生の皆さんが一人ずつ付いてくださり、少人数で丁寧にご指導いただきました。そして授業の最後には角田先生から、振動反応のデモ実験を題材に化学の魅力についてのお話をお聞きしました。
 3時間近い長時間にわたっての高大連携授業でしたが、みんな時間を忘れて熱心に講義や実験に取り組んでいました。私たちのために、貴重な時間を割いてご指導いただきました徳島文理大学薬学部薬品化学研究室の先生方や学生の皆さんに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 高大連携 高大連携
 高大連携 高大連携
 高大連携 高大連携
 高大連携 高大連携
 高大連携 高大連携
 高大連携 高大連携

21:39 | 投票する | 投票数(5)
12